殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

センターから引き取り

4月11日に茨城の指導センターへ行き1頭の犬を引き出して来た時に 10日に

収容された犬の様子も見てきました。

10日に収容された犬は1頭だけで公示情報の画像を見て思ったのは昨年亡くなった

チャメと言う犬に良く似ているなあと思いました。

実際に見た時静かにうずくまって寝ていましたが首の当たりを触るとピクと頭を動か

しています、生きる気力が無いのか ただ静かに寝ているだけでした。

その時は悩みましたが譲渡希望は出してきませんでした。



そして悩んだ末この犬を引き取る事に決めました。

センターの担当の職員様には皮膚病を少しでも改善させてあげたい事、高齢犬の様

なので最終的に看取りを覚悟で譲渡をお願いしたいと伝えました。

こんな状態の犬を飼い主は捨てたのです。

6日間の期限で公示していても飼い主は現れる訳は無いのです。

18日期限が切れる日を待ち引き取りました。


わが家へ来てやはり思ったのは亡きチャメに良く似ているなあ~と

センターではご飯を食べなかった様ですが、フードを柔らかくしてレトルトの馬肉

などを混ぜて与えたら夢中で食べて、お水も沢山飲みました。

少し落ち着いたら病院へ行って検診していこうと思います。

d0106951_21321474.jpg










[PR]
by a-s-kizuna | 2017-04-19 21:32 | 活動