殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新年度からーーー

自治体の施設に収容された犬猫に新しい飼い主がみつかった場合、国は伝染病のワクチン代を負担することになった。
又施設で生存する為に3日分の餌代を支払うことになった。
新年度から実施されるようです。
これらの施策は松野頼久衆議院が提案してきたことです。
この記事は
 http://www.asahi.com/life/update/0126/TKY200801260143.html
で見られます。
以上のメールが埼玉県の動物救済ネットワークの方から届きました。

         
                      きずな  渡辺
[PR]
by a-s-kizuna | 2008-01-26 21:31

聞いた話からーーー

埼玉県の大宮駅に有る大型店に勤めている知人から聞いた話です。

「野良猫が餌を求めて大型店のバックヤードに現れるので 定期的に猫狩りの業者に頼んで猫を捕獲している」との話でした。

今迄も オリンピックが開催される都市で野良犬(猫)が捕獲されている現状を報道された事が有り 何ともいたたまれない気持ちになりました。

大きな祭り事の影では動物達ばかりでは無く貧困に喘ぐ人間達も犠牲になります。

野生動物が生きる為に自分より弱い動物を食べる。

人も生きる為に弱い者を犠牲にする。

でも心と知能を持っている人間は弱い者へ 手を差し伸べる力を持っているはずです。

どちらの人間として生きて行くかは自由ですがーーー

                                 きずな  渡辺
[PR]
by a-s-kizuna | 2008-01-25 05:50

不妊手術をーーー

仔犬の里親探しを 「いつでも里親募集中」に掲載お願いしました。
お蔭様で3匹の仔犬が巣立ちました。
新しいお宅で 幸福な生活がスタートします 頑張って欲しいです。

いつも思うのですが 母犬はどうしているのかーーー
苦労して仔犬を産んで 直ぐに取り上げられて お乳も張って辛いでしょうに。

やはり 不妊手術を啓蒙していくしかないです。

仔犬(猫)を産ませて処分に出す人に 不妊手術の話をすると お腹を切るのは可哀想だと言う人が多いです。
何回も仔犬(猫)を処分する事には抵抗が無いのでしょうかーーー

手術の費用に関しても お金が無い」から出来ないと言う方が多いです。
野放しに猫が増えたお宅で 猫の為の餌代が大変だ と言う方
手術をしていれば 沢山の猫の餌代に困らないのに。
何だか変ですね。

不妊手術は犬や猫の健康面でも認められています。
正しい知識を伝えて行きたいです。

                             きずな  渡辺
[PR]
by a-s-kizuna | 2008-01-23 22:44
さいたまの 動物救済ネットワーク からFAXが届きました。
今まで日本のペットフードは検査機関が無いため有害な製品も多く出回っていました。
外国で中国産のフードによる大変な問題が起こった事で 日本も早急に対応して行く との内容です。
法律が変わり 動物愛護の観点から様々な事に目が向けられる事は良い事ですね。

ただ 私たちも何が良いのか 何が悪いのかをきちんと見分けて行かなければ成らないと思います。
法律が変わったからではなく 自分の目で 耳で正しい物を選んで動物達に与えて行く努力をして行かなければ成らないと思います。

食の問題は大事です、私達の子供に有害な物を与えられますか?
人間と同じ用に考えて欲しいと 改めて思いました。

                        きずな  渡辺
[PR]
by a-s-kizuna | 2008-01-16 22:12

多くの課題が

ボランティア活動をしている私達には 盆も正月も有りません。
朝起きた時から寝るまで動き回っています、お蔭様で健康を貰えているのかも知れません。

12月にトライアルに入った犬がいます、その犬は何回か里親会に行った事が有りましたが縁が無くて諦めていた犬でした。
暮にお返事を頂き正式に決まりました!感謝です。
保護しても 里親に行かれずに残ってしまう犬がいますが 長くいると家の子になってしまうのは 仕方が無いですね。
仔犬達の里親探しにも力を入れないとーーー 色々と課題が残っています。

茨城県動物指導センターから「動物愛護推進計画の見直し案に対するご意見の依頼書」を頂きました。
毎日の活動は保護犬の世話や里親探し等で追われてしまい、行政の問題から離れてきている事に気がつきました。
もっと色々と勉強していかなければなりません。
一人の小さな意見でも声を出して行かなければ何も変わりません。
多くの課題を抱えて やり直しのスタートです。

                         きずな  渡辺
[PR]
by a-s-kizuna | 2008-01-06 21:43