殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

助成金の署名の報告

昨年の10月に 東京都の「保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会」様がいくつかの団体に声を掛け、茨城県

に不妊手術の助成金を出して頂きたいと言う願いで署名活動が始まりました。

きずな でも皆様にお願いして沢山の署名が集まりました。

今17700名と 報告頂き 目標の20000名にもう少しとなりました。



今 個人でペットショップ等から簡単に動物を手に入れて 簡単に繁殖させている方が多い様に思います。

地元の情報誌に 可愛い子犬、子猫が産まれましたーーとの掲載が目につき心が痛みます。

指導センターで純粋種の犬の処分が多くなっている事を解って欲しいですね。
[PR]
by a-s-kizuna | 2009-07-27 21:27
環境省では 動物を放棄した場合は50万以下の罰金となっていますが 今だかってその罰金が適応された事を聞いた事が有りません。
放棄する人は人の目に付かない場所に放棄します。
すてられた動物は言葉が話せませんから 誰が捨てたのか教えてくれません。

今日も仕事の帰りに 預かりボランティアの方がラブラドールを保護したので見に行きました。
歳は5-8歳位でしょうか 酷い買い方をされているのがわかりました。
全身が皮膚病で、後ろ足がヨレヨレです、多分狭い檻の様な所にいたのかも知れません。
お腹が括れていて 暫く食べていない状態です。
鳴く力が無いのか大人しく 与えられたフードを夢中で食べていました。
助けられて良かった!
でも助ける側は大変な苦労です、これから治療もして行かなければなりません。

全国で毎日 処分される動物達の事を考えると胸が痛みます。
動物を飼う人は是非最後まで責任を果たしていただきたい。
そして これから動物を家族の一員に迎えたいとお考えの方は どうぞ指導センターで処分される命を
家族の一員に迎え入れていただきたいと 願います。
d0106951_219361.jpg
d0106951_21125358.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2009-07-21 21:09

助けられた犬

とある役場に放浪して怪我をした犬が持ち込まれました。

その犬を保護した方は飼い主が居るかもしれないと 張り紙をして探したそうです。

役場の環境課の方々も非常に好意的で、病院に連れて行きお世話をして下さいました。

その結果 役場に何件もの方が引き取りの申込みをされ 1件の方に決まったそうです。

今日役場に行き その犬の行き先が安心できる所なのかをお聞きしてきました。

環境課の方々の意識も高く 不安無いと感じました。

こうして 助けたいと思う方のお陰で1匹の犬の命が助かりました。

又 今回の件で巡り合えた方が一時預りが出来る方でした。

役場の帰りにお尋ねしてお話させて頂きました。

今までも捨てられた動物を助けてきた方で今週の初めに公園で捨てられていた仔犬を保護されていました。

健康チェックで病院に行きました、「みらい」と名付けた仔犬です。

捨てられた命を助けて行きたいと思う人達の きずな が結ばれました。



画像撮りました。

元気な女の子 「みらい」です。

みらい の母犬や兄弟犬はどうしているのでしょうか

こんな小さな命を簡単に捨てる人がいるのですね!

d0106951_21221465.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2009-07-16 21:22

町田犬猫合同譲渡会に

合同譲渡会も10回を迎えます、回を重ねる事に多くのスタッフの方々の力を感じさせて頂き 素晴らしい譲渡

会に発展しています。

当会はいつもお世話になっての参加です、今回も犬小屋他のご支援を頂き感謝申し上げます。

希望のワンちゃんはこれからの審査となります。

1匹でも新しい御家族にご縁が有りますように願います。

参加した「らむ」 「めい」 と同行させて頂いた「レディ」ちゃんお疲れ様でした。

八月は譲渡会はお休みです。

d0106951_20304522.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2009-07-12 20:30
茨城県動物指導センターに収容された犬は 飼い主の方が探している事が有るので画像が掲載されてます。
7月2日に画像が掲載されていた犬達の何匹かは 同じ場所で捕獲されています。
兄弟なのでしょうか同じような顔をしています。
成犬になりかかっている子達が多く 多分 産まれて大きくなってしまい捨てられた様に感じます。
とても切ない思いで 毎日収容された子達の画像を見ています。
助けられなくてごめんなさいーーー
あなた達の生きてきた証は忘れません。
多くの犠牲の中で 私も生きている事を悲しく思います。

助けたくても 保護場所が無くて
今保護している子達が 新しい家族の元に旅立つまで 時間が掛かりますが 切ない思いの中での活動です。

7月の第2日曜日に町田で譲渡会が開催されます、沢山の方に来て頂き 幸せな赤い糸が結ばれます事を願います。
[PR]
by a-s-kizuna | 2009-07-05 20:32