殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ご支援のご報告

1月25日に茨城県の指導センターに毛布などの物資をお届けしました。

この御届けした物資は東京都の団体「NPO法人 保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会」様が

センターで収容された犬・猫の為に支援を呼びかけて下さいました物です。

又個人で活動されながら預りのボランティアとしても活動されている方からの支援も頂きまして

スタッフの方がセンターに届けて下さいました。

遅くなりましたがここにご報告申し上げます。





又 「きずな」にご支援を頂きました方にお返事を書かせて頂いていますが 12月30日に

お振込み頂きました、高橋様、山田様のご連絡先が解らず お礼を送る事が出来ませんでした。

誠に有難うございました、皆様の善意を大切に使わせて頂きます。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-01-30 22:28

今の活動

昨日も仕事に行く途中の道路に犬と猫が死んでいるのを目にしました。

つい今迄無心で生きてきたのに 車と言う人間が作り出した凶器に命を絶たれてしまう

人も動物も同じ様に必要があるからこの星に生まれてきたのに とても悲しい現実です。

テレビの報道でもわが子を虐待したり 意味の無い殺害を犯したりと遣り切れない思いになります

この国は何を求めて 何を失っているのでしょうか。

自分の生き方が後に続く者に正しい道を伝えていかれるように生きて行きたいと思っています。

長い活動の中で家族が決まらずに我が家の子になった犬達が居ます、その殆どが自ら保護した犬では

無く他のボランティアの方からの情報の中で我が家に来た子達です。

縁が会って関わった子達ですからその子達の責任を最後まで果たして行く事は人間としての役割です

そんな子達が今歳を取り様々な疾患が生じています、昨日も身体の立ち上がりが大変で足が震えてい

る犬がいましたので病院へ連れて行きましたら 坐骨神経が痛むのでしょうとの診断でした。

人間と同じですね~ 注射と内服薬で様子を見ることになりました。

高齢に寄る心臓病を患っている子もいます アレルギーを起こしやすい子もいます 毎日その子に会

わせた高い食事と薬を与えて行く事も保護主の責任です。

又センターから引き出した犬を家庭犬として送り出すためにはかなりのケアーが必要な子もいます。

繋がれたままで散歩をした事が無かった犬は真っ直ぐに歩けずに クルクル回ってしまいます。

ただ夢中で引っぱる犬もいます、ケージの中しか知らない犬は外を怖がります、そんな様々な犬達の

お世話も大切な活動です。

今 センターからの引き出しは中止していますが 抱えている問題の責任を果たしてから又頑張りた

いと考えています,また22年度からは定時点定回収が廃止されるのでどの様な結果になっていくか

沢山の問題を考えていかなければなりません。

茨城県の地域に動物の飼育に関しての意識調査を行う方針も有ると聞いています。

一人でも今までの認識を変えて欲しいと願います。

日々の活動の中で嬉しい事は 巣立った子達の幸せな報告を頂く事が何よりです、先日引き出した

親子犬の仔犬のお宅からも画像が届きました、毎日朝必ず窓から外を眺めるのだそうです、その方向

は 助けれてた方向を見ていますとの嬉しい便りでした。
d0106951_714575.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2010-01-26 05:32

梢に続いて

梢が亡くなって気落ちしていました、思い出せば思い出すほど涙が出て気持ちの整理が付きません。

その上預りボランティアさんが保護してきたラブの「ガイ」君が手厚い介護の元に旅立ちました、道

路にゴミの様に捨てられて 歩く事も出来ない状態の子を愛情掛けて半年以上お世話をされてきまし

たが 高齢でがん細胞に犯された命はお星様になりました。

人間が犯した罪を 償う人間も居るのです。

「ガイ」君も「梢」も今は天国でお腹一杯御飯を食べられ 思いっきり走っている事でしょう。

短い命でしたが 出会えた事に感謝しています。

病院で点滴を受けていたガイ君です。
d0106951_2221449.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2010-01-21 22:23

突然にーーー



d0106951_2239370.jpg


9日の夜に帰ってきた「梢」なんだか元気が有りません。

10日の朝と夜はきちんとフード食べました。

その夜いつもは保護犬達と一緒に寝るのですが なぜかケージに入ってションボリしていました。

夜中に嘔吐しだし苦しそうにしています。

様子を見ながら身体をさすったりしましたが 身の置き場が無いようで苦しそうにしていましたが

朝方の4時半頃に大きな声を上げて亡くなりました。

何が何だか解りませーーー

センターに負傷犬として収容され足は少しビッコを引きますが 元気に飛び回っていた子です。

ただただ悲しくて残念です。

昨年もセンターから引き出した「ドリス」が亡くなり その後にたて続いて「ジジ」セッタの仔犬の

「美保」「間九朗」「シンノスケ」を看取りました。

どの子も私の手を煩わせる事無くお星様になりました。

「梢」も私に負担を掛ける事なくひとりで旅立ちましたが力が出ません。

どうか天国では4本の足で元気に走って下さい、「梢」は私の大切な子でした。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-01-11 22:39

予定が一杯です。


昨年から仔犬達の家族探しをして沢山の方から希望を頂きました。

その中からお留守番も無く室内飼育の可能なご家庭を探す事は大変でした。

アンケートに記入されずにお問い合わせを頂いた方には 失礼かと思いましたが対応できません。

もし又ご希望が有りましたらどうぞアンケートに記入してからお申込みください。


今月はスタッフの方と譲渡が決まりましたお宅へお届けのやり繰りが大変です。

9日は杉並へ御届けして その帰りにいつもご支援頂くお宅へ廻り物資の提供を頂き有難うございま

した。

家に帰り犬の散歩と御飯を終わらせて又高速に乗りトライアルしていた「梢」を引取りに途中まで

迎えに行きました。

暮に茅ヶ崎まで御届けしましたが 先住の犬と仲良く出来ず帰ってきました。


10日は府中にお届けしてから中央区に譲渡の決まった犬の誓約に廻りました。

又16日は3件 17日も3件のお届けの予定です。

保護した子達を巣立たせるまでは多くの労力が掛かりますが 新しい家族の元で暮らして行かれる

子は幸せです。

5日に引き出したフレンチブルは2匹とも6-7歳で繁殖が出来ない状態(帝王切開の後)の為に

放棄された様です、栄養状態は悪くて この子達の家族が見つかるのかしらと少し心配です。

今までに繁殖の為に使われて捨てられた犬を何匹も引き出してきましたが 皆身体がボロボロで

ケアーをしても短い命の子ばかりでした。

処分される場所から引き出すと言う事は大変な労力が掛かります。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-01-11 02:30

5日 センターへ

5日 茨城県のセンターに2匹の犬を引き出しに行きました。

昨年暮れに譲渡希望していた犬です。

この2匹は多分ブリィーダー放棄でしょう、ワクチンを接種された事が会ったのかも知れません

伝染病に感染する事無く センターで年を越してくれました。

もう1匹秋田犬を希望していましたが 暮の内に具合が良くないとのお返事がありました。

こちらは年が明けないと迎えに行く事が出来ない旨を伝えましたら ほかの大きな団体様が直ぐに

病院へ搬送が出来ると言うお話があり センターの職員の方も命が繋がればとの思いでそちらの団体

様にお願いされました。

しかし 残念な事に亡くなったと連絡を頂きました、病気の犬でも助けたいと申し出された団体様の

活動に頭が下がりました。

センターの職員の方々も1匹でも助かればとの思いで毎日大変な業務をされていると感じました。

職員の方に今のきずなの活動を報告させて頂きました。

暮に4匹の仔犬を引き出す手順が早まった事で2匹の仔犬の命を助ける事が出来なかった事

センターから引き出す事の責任の重さ等 長い活動の中で苦しい事を乗り越えて 良い方向に向か

って行かなけばなりません。

他県で活動されている愛護団体様が 茨城で収容された子達を助けて行こうと足を運ばれる様に

なってから色々な面で良い方向になって来ています。

きずなも又センターから助けられる時が来る様に 小さな歩みでは有りますが地道に活動して行こう

と思いました。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-01-07 02:22

新たな歳に

昨年は沢山の皆様にご支援頂きまして 有難うございました。

新しい飼い主様より年賀状を頂きまして 月日の流れを懐かしく感じたり、つい最近までお世話を

していた子が今はご家族と一緒に生活してるのだと感じたりと本当に心安らぎました。

昨年センターからの引き出しを断念するのですか?とご連絡下さいました皆様には ご心配おかけ

いたしました。

今はこの活動を続ける為に残された課題をやりきりながら 足元を見つめて行きたいと考えます。

5日にはセンターに出向き、暮に譲渡希望を出している犬の引取りと報告をしてまいります。

暫くは暖かく見守って頂けます様お願い致します。



3日には昨年センターより引き出した犬の健康診断に行きました。

猟犬のミックスです、歳は6-7歳、体重は15キロ、フィラリア感染症、検便ではコクシジウム

膀胱炎酷くPH9と言う数値で暫くはSD缶の療養食と 正月早々課題の多い子でした。

マリア と名付けました。


d0106951_2302512.jpg



暮にトライアルに入っている「梢」と「ふぁん」も今週末位にはお返事を頂こうと思います。

又仔犬のお見合いが1件、その方が決まればお届けが4件になります。

成犬のお見合いの予定も有ります。

ご支援の声を励みに活動していきます。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-01-04 02:28