殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

まだまだ意識が低い

茨城県の或る地域で酷い飼育をされて病を抱えた犬を保護された方から相談がありました。

家にいれて状態を見て受診が必要と解り、病院へ掛けてあげたいけどこの地域の中での獣医を探す事

は難しいと思われ 他県のボランティア団体様に相談されました。

ボランティア団体様より きずなへ連絡を頂きましてこの犬を病院へ連れて行く事ができました。

きずながお世話になっている先生はいつも保護している動物達に対して家庭で飼育されている動物達

と同じように分け隔てなくきちんと診察して下さいます。

この犬に対しても何処まで保護主がケアーして行かれるかを考えて診察して下さいました。

相談された方は「地域には可哀想な子、助けたい子が沢山居てこの犬だけかけて挙げられない

と話されました。

先生より「まず1匹の命を考え今出来る事からして行きましょう」とお話を頂きまして、この犬の

体調を良くして今後の事を考えて行く事としました。

地域差が在りまして同じ県内でも動物に対しての意識が違うと痛感します。

暑さや寒さを凌げたり安心して休める犬小屋も無く 満足に御飯や水を与えて貰えない動物達。

このような状況を改善して欲しいと飼い主に話をしても聞いてもらえない。

それでも切ないのは

こんな環境の中一時的でも御飯を貰った人間を飼い主と慕う動物達の姿です。

この状態はどうしたら良いのかとこの方は話されていました。

人として先祖や親を尊び 幼い子ども達を慈しむ心があれば 小さな命に対しても優しく育てて

行こうと思う心が湧くのでは無いでしょうか。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-09-30 04:55

26日はフリマ参加

予定していた25日が雨の為26日に変更してフリマに参加しました。

お天気も良く気持ちが良い中 いつもお手伝い下さるスタッフとのんびり過ごしました。

売り上げは6880円でした、ご支援頂きました皆様のお気持ちを大切に使わせて頂きます。

きずなのチラシを掲示させて頂きましたら ホームページ見て下さって居る方から声を掛けて頂きま

して大変嬉しく思いました。
d0106951_0492183.jpg




ご支援のお礼

毎月ご支援頂いています埼玉のK様

埼玉のF様、神奈川のO様、埼玉のM様 有難うございました。

又 療養食を送って頂きましたO様 有難うございました。

小さな歩みでは有りますが不幸な命を救いたいとスタッフの仲間と助け合いながら活動しています。

ご支援有難うございました。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-09-28 01:03

一人の責任を果たすこと

以前にも有りました、仕事中に携帯の留守電に何度も入っていたのが「側溝に落ちて傷ついている猫を見かけたので助けに行って下さい、場所はこちらです」と指定されましたが フルタイムで働いている私には直に行く事も出来ず、場所も近いわけでは無く、おまけに非通知なので折り返しの電話も
出来ません。
この様な場合はどうしたら良いのでしょうか。

又昨日も携帯にメールが入りました。
知り合いから「公園のトイレに傷ついた仔猫を見つけたので助けて欲しいと相談がありました、私も
保護している猫が居るためこれ以上助けられないので 何とか見に行って保護して欲しい」と 以前御話させて頂いた個人で保護活動されている方からのメールでした。
私も仕事で直には行かれないので 「先ず始めに猫を見た方が何もしないで放って置くと言う事は無責任である事、助けて生きたいと願うなら猫の様子を見に行き 弱っているならば病院へ連れて行って欲しい」とメールをいれました。
その個人の方は こちらの話を理解してくださり仔猫を見に行きますと返事を下さいました。
夜にその後の様子をお聞きしましたら 居なくなっていたとの返事でした。
雨も降り寒い中その仔猫はどうしたのか
私自身がその仔猫を見たら いくら保護犬や猫が沢山居て大変でも 先ず保護して病院へ照れて行きます、自分が動けない状態の中で情報だけ伝えて貰ってもどうしたら良いのでしょうか。

2-3日前に 
「覚えていらっしゃいますか、以前犬の事で相談させてもらいました者です」とメールを頂き、内容を見ましたら、相談を致しました犬の保護先が決まりました とのご連絡でした。
この方は放浪していた犬を在る場所に置いてお世話をされていた所、転勤で遠くに越す事になり、この犬の預かり先を探しました、こちらにも相談がありましたが 人に慣れず咬む癖があると言うので
こちらでは難しく申し訳ないと思いましたが丁重にお断りのメールを致しました。
その方からきちんと犬の行き場所が見つかりましたとのメールを頂き、どれだけご苦労されてこの犬を保護されてきたのか痛いように解りました。
一人一人が責任を果たそうと言う気持ちを持っていけば 不幸な命が無くなるのですが、責任を果たすと言う事は強い痛みを伴います、それでも努力をして行けば良い結果がでるのでは無いでしょうか
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-09-25 05:36
昨日も4匹の犬の受診でした。

預り様も遠くから毎週通って来て頂いています、保護してケアーをして行く事は大変ですが

助けた命に対しての責任をきちんと果たして行く事は大切な事です。

首輪の後が痛々しかった犬も1ヶ月半でとても綺麗になりました、元気で優しく甘えん坊の犬です。

病院の先生から「良くなったね~、嬉しそうな顔をしているよ」と誉めていただきました。

この子はこれから家族探しです。

「マリア」と「ナメコ」はストロバイド結石で療養食を与えています、「ミク」は心臓疾患でやはり

療養食、「福の助」と先住の保護犬の2匹は皮膚疾患でフードも考えながら与えています。

元気で問題の無い子達はどうぞ新しい御家に巣立って欲しいです。

多数の犬をお世話をする事は無理なので 預かり様を探しています。

一時預りとは言え センターから引き出した子ですからきちんと所在を知らせる義務があります。

センターに預かり先の情報をお伝えさせて頂きます、ケアーをしてから預りを御願いしますがフード

と消耗品に関しては預かり様のご負担になります。

この様な条件で一時預りのボランティアを募集しています。

今 外での飼育可能な犬の預り様も探しています。

茨城県の一般のご家庭は犬の飼育は外飼いです、そんな犬達が放棄されたり不要になって持ち込まれ

たりしていますから 庭で繋いで預りをして頂けるボランティア様をお待ちしています。

埼玉県でセンターからレスキューされている方からのお話ですが センターの中では雑種の犬が沢山

居ても 中々引き出すボランティアがいないそうです、皆さん純粋犬を引き出されるそうです。

茨城でも同じ状態ですが 雑種の犬にも目を向けて行きたいと思います。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-09-23 05:59

ご支援の御願いです

きずなでは 保護をしても新しい御家庭に縁がなく、そのままきずなの子として生活している犬が居ます。
その犬や猫が高齢になりまして介護をしていかなければならない常態になりました。
床ずれが出来て毎日手当てが必要な為、ペットシートやパットが不足しています。

保護犬の中でストロバイド結石と心臓病と皮膚炎の子達のフード代が掛かり高齢犬の為の消耗品の購入が大変になりました。
大型犬用のペットシートと介護用のパットが不足していますので ご支援頂けましたら幸いです。
この件につきましてはお問い合わせフォームから御願いいたします。
d0106951_21321326.jpg

加齢に寄る心臓病の為 殆ど寝ている状態ですが 抱っこで庭に出すと排泄します。
目が見えない状態でも 夢中で御飯を食べています。
若い頃は綺麗な子でしたが 歳を取る事は切ないです。

又ホームページの担当者も介護が必要な犬の御世話で更新が遅れています、不都合な点がございますがご理解いただきますようお願いいたします。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-09-18 21:27

遠方からの申込みでした

8月6日に秋田犬の「りじゅ」を希望したいとのメールを頂きました。

お申込み頂いた内容を見て 今は亡くなった先代の秋田犬が「りじゅ」そっくりなのに驚きながら

この先代の秋田犬を引取った時の様子を知り心打たれてしまいました。

直にでもお届けしたいと思いましたが 御届け範囲外からの申込みにこちらも悩みました。

スタッフや友人にメールを見てもらい相談しましたら 全員が「りじゅ」を御願いしましょう。

との返事でした。

勿論私の頭の中は既に「りじゅ」の搬送をどうするかと考えていましたから 皆の気持でさらに

心が決まりました。

又「りじゅ」はセンターからの譲渡犬なので 職員の方にも遠方への譲渡である事もお伝えしました

そして1ヶ月以上連絡を取り合いながら やっと昨日お届けとなりました。

13日の夜に出て14日の昼近くに到着、大歓迎を受けて「りじゅ」をお渡ししました。

そして又14日の夕方出発して15日の今日の昼前に帰りました。

家に帰る前にお世話になりました動物病院の先生にも報告させて頂きました。

片道960キロ、「りじゅ」は車酔いもせず、途中のサービスエリアでの休憩も楽しそうにして

待ち焦がれた新しいご家族の元へと巣立ちました。

この子を助けて良かった、この子にめぐり合えた事が感謝です。

1頭1頭保護した子を本当の御家族の元へ送り出す時の気持ちは淋しい気持ちは有りますが

責任を果たせた事の重さの喜びが有ります。

車の運転とお留守番で保護犬や猫のお世話をしてくれました家族にも感謝です。

「りじゅ」ちゃんはフードも沢山食べて 排泄もきとんとしてフリーにしているので好きな場所で

寝ていますーーーとメール頂き安心しました。






d0106951_2151065.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2010-09-15 21:03

残暑厳しい中

11日の土曜日はイーアスつくばでのフリマに参加しました。

皆様からご提供頂きました物資を動物達の医療費に使わせて頂きます。

今回は27500円でした。

遠方からお手伝いに来て頂きましたボランティア様にも感謝いたします。

d0106951_2151158.jpg




12日の日曜日は 町田の譲渡会に参加しました。

今回は「トム」「マリア」と新入りの「メリー」の3匹を連れて行きました。

今回は希望が有りませんでしたがいつか必ず迎えて下さるご家族が現れる事を信じて

頑張りましょう。

d0106951_2232021.jpg



この二日間本当に残暑が厳しくフリマお手伝いのスタッフの方々、譲渡会の会場のボランティア様

皆様のご苦労は素晴らしいと思いました。

動物達の命を助けて行く活動の影には地道な作業が必要です。

今回も卒業犬の「まるこ」ちゃんが来てくださり保護犬達へのプレゼントも頂きました。

幸せになった姿を見ると 又頑張ろうと言う気持ちになります。
d0106951_2333087.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2010-09-13 02:33

9月の譲渡会参加予定

9月12日(日曜日)の町田犬猫合同譲渡会に参加予定の犬、猫をお知らせします。

トム 毎回参加していますが 中々ご縁が有りません。
   幼い子供達にも慣れていますし他の犬にも友好的です。
   散歩の引きが強いです。
d0106951_5191732.jpg



マリア 譲渡会は初めてです、乳腺腫瘍の摘出手術をしました 今は元気です
    犬や猫や子供にも優しい子です
d0106951_5262495.jpg



仔猫  茶虎の雄、3ヶ月、2キロ。
    捨てられていました、検便クリアー ワクチン接種済。
    病院の先生からも良い子ですと誉めていただきました。
d0106951_5294593.jpg



どうぞ宜しく御願いします。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-09-06 05:30

ご協力の元に

きずなで保護されている犬達の受診で動物病院へ行きました。

預り様の所に御願いしている子達も来て賑やかになりセンター出身の同窓会の様になりました。

又 新しく預かりボランティアのご希望を頂きました方にも来て頂きこれからの活動をご理解

頂く事が出来まして嬉しい思いになりました。

様々な理由で処分場に入れられた命を助けて行く為に ご協力頂けるボランティア活動に本当に有り

がたいと感じます。

動物達を助ける活動は人と人とのきずなを大切にして行かなければ成らないと思うのです。

一人では出来ない事、一人の考えでは不可能な事が皆様の協力のお陰で可能になります。

小さな歩みでは有りますが 確実に階段を上って行く努力をして行きたいと思います。

9月の予定は11日(土曜)いーアスつくばのフリマ参加。

      12日(日曜)町田合同譲渡会参加。

      25日(土曜)土浦イオンのフリマ参加。

保護犬達を守る為にフリマに出店して治療費を捻出しています、沢山のご支援頂き有難うございま

した、今後も宜しく御願いいたします。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-09-04 03:10