殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2匹のダックス

2匹のダンックスの受診に行ってきました。

1匹の犬は飼い主が放棄した為に近くに住んでいる方が引取った犬です。

この犬が置かれていた状況は小型犬なのに外で繋がれ満足に水や御飯を与えて貰えない、夏の暑さや

冬の寒さと淋しさを堪えて生きてきたのです。

保護されてから室内で飼育され良質なフードとケアーを施された為に見た目はとても綺麗で10歳と

は思えない犬になりました。

しかし乳腺腫瘍がありフィラリアも陽性、レントゲンの結果肺にも無数に転移していてかなり悪い状

態で腫瘍の摘出手術は不可能と診断されました。

病院では他の犬や猫にも上手に挨拶して元気な姿を見せてくれましたが いつまでこの姿が見られる

のかと考えると淋しくなりました。


もう1匹の犬は先日廃業になった繁殖屋の犬です。

繁殖屋の状態はどこも酷い 狭いケージを積み重ねてその中だけで生きてきて陽にも当たらずフード

も僅かな量だけ、床は排泄物でグチャグチャ、どこもそんな所が多い。

繁殖屋だけでは無く多頭飼育の現実はこの様な場所が多いです。

このダックスは7-8歳だと言うのにビックリするほどボロボロです、歯は歯石が溜まり歯肉炎を

起こして頬に穴が開いていました。

奥歯の歯垢だけでも取りましょうと獣医様が取って下さいましたが 両方とも歯まで取れてしまいま

した。

後ろの右足は先が少し切れています、多分ケージに挟まり爪から切れてしまったのか 

爪は曲がり栄養が悪いのか血も通わない状態でした。

ワクチンも打った事は無いと繁殖屋は言ってましたが 良く病気もしないで生きてきたと思います

フィラリアは陰性でした、眼は白濁しています。


2匹の犬はどちらも人が作り出した環境の中で堪えて生きてきたのです。

これからの生涯を少しでも穏やかに暮らせる環境つくりをするもの人間です。

同じ人間ならば物言わぬ小さな命を育んで行ける人間でいたいです。


「なみへい」君です。
d0106951_651687.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2010-11-28 06:05

保護犬との別れ

11月20日午前9時半頃 12年3ヶ月私の手元に居た子が亡くなりました。

「福の助」のお届けの予定が入っていましたから 家の事を早く終わらせて9時前には出かけなけれ

ばならないはずなのに、何故か身体が重くて動きたくない。

保護犬達のお世話を終わらせ最後に「芽吹」のお世話をしました、昨日から御飯を食べたくないお水

も要らないと口を開けなくなったけど 口元にお水を持っていったら少し飲みました。

シートに沢山排便をしたので 抱っこしてシートを取り替えました。

一昨日迄は抱っこして庭に出すと見えない眼で見ながら風の匂いを嗅いでいたのに 今日は首をガク

ッとさせて力が無くて 抱いた時にお迎えが来たと解りました。

シートに寝かせると何度か口を引きつるような呼吸をして そのまま動かなくなりました。

11歳頃から心臓が悪く薬を飲むようになり18k程あった立派な身体も痩せて小さくなり眼も真っ

白で それでも食べる事が大好きな子でした。

子犬の時は眼が小さくてムーミンの様な感じ、家族探しをしてもご縁が無くて

私の子として育ててきましたが 優しく元気で本当に癒される子でした。

芽吹と暮らせた日々をただただ感謝の思いでしか有りません。

未熟な私に優しさと大らかさと微笑を教えてくれた子です。

お別れする事は辛いですが芽吹が与えてくれた思い出は忘れません。



芽吹を家で寝かせて福の助のお届けの約束を果たそうと家をでました、福の預かりをして下さいまし

たボランティア様が予定変更して下さり同行してくださいました。

一人で車を走らせていたら泣きながらの運転だったと思います。

色々な方々のお力で活動できる事に感謝いたします。

又芽吹の為にシートやフードやご支援を頂きまして誠に有難うございました。

元気な頃の芽吹です
d0106951_5385468.jpg



安らかな最後でした
d0106951_54311.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2010-11-21 05:27

メンテナンスの為

パソコンのメンテナンスの為活動ブログの更新が出来ませんでした。

後日報告させて頂きたいと思います。

又保護犬の為にペットシートやフードやご寄付を頂き感謝いたします。

乳腺腫瘍摘出の手術と歯の治療を行なわなければならない犬が3頭

どの子も長い間酷い扱いをされて来て最後にきずなに来た子達です、僅かな生活でも精一杯お世話を

させて頂こうと思っています。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-11-16 04:34

フリマ出店の事

3日の牛久市と6日のつくばと両日のフリマに出店しました。

スタッフの方々には保護犬のお世話を御願いし又ご家庭のご都合とお仕事のお忙しい中協力して頂き

本当に感謝いたします。

20年近く動物達の命を助けたいとの思いで活動してきました。

その命を助けるのは人間です 人と人のきずなを大切にしていかなければ動物達を助ける事も難しい

と考えます、一人では出来ない事でも多くの方々のお力で今住んでいる地域が人も動物も住みやすく

なって欲しいと願います。

フリマに出店して行く事は保護犬、猫の治療費の捻出の為ですが きずなの活動をお伝え出来る場所

でも有ります。

チラシを見て頂き今動物達が置かれている現実をお伝え出来たら良いと思います。

昨日も嬉しい出会いが有りました、きずなの里親募集にお問い合わせを頂いた方で希望して頂いた

犬が既に譲渡決まってしまいました。

その旨のお返事をさせて頂いてから その方は他の不幸な命を助けて家族にしましたとご報告を頂き

ました。

その方がフリマの会場にワンちゃんを連れて来て下さいました、大切に育てられているそのワンちゃ

んを見てとても嬉しく思い この様な方が沢山いたら不幸な命が助かるのではと感じました。
d0106951_5155266.jpg

動物達を育てて行く地域が良くなる事を願います。


 
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-11-07 05:16