殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年最後になりました

小さな命を守り助けて行きたいと共に活動して下さる皆様のお陰でこの一年過ごす事が出来ました 有り難うございました。
又新しい飼い主様の元に沢山の命が助けられました事深く感謝申し上げます。 この活動で報われる事はご家族様からの嬉しい便りです 皆の成長してている姿は本当に感無量です

まだ家族に恵まれない保護犬達も日に日に成長しています マリアは保護当時散歩が出来ずクルクル廻っていましたが預かり様の元で躾て頂き真っ直ぐ歩けるようになりました。 又さくらも散歩の意味が解らなくて途中で何度もうずくまってていましたが トムと一緒に散歩をしてきて上手に歩けるようになりました。 そのトムも家族が決まり幸せを掴みました。
今はマリアとさくらの二匹で楽しく歩いています これも大きな成長です。

動物達からも学べる事は素晴らしいと感じます。 小さな命をを大切に共存して生きて行きたいと思いますが今の時代は何が失われているのでしょう…
昨夜一頭の放棄犬を引き取りに走りました。 家族に愛されずに年を迎えるのは可哀想ですから。


来年も皆様に助けられ活動してまいります どうぞ良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-12-31 21:11 | 活動

様々な旅立ちです

23日は町田合同譲渡会で希望がありました「トム」のトライアルに行って来ました。

良いお話であれば片道2時間半の道程は苦ではありません、1年も抱えてきた子なので我が家での生

活に慣れてしまい新しいご家族のお宅で少しわがままを言っている様子ですが頑張って欲しいと願い

ます。

26日も「ルネ」のトライアルに預かり様のご家族と一緒に行ってきました。

廃業する繁殖屋から引き取った子で毛玉だらけで酷い状態でしたが トリマーさんや預かり様の暖か

な愛情で家庭犬として躾られてきました。

もちろん未だトイレの躾は難しくこれからも上手に育てて欲しい子ですが そんな状態もご理解頂き

トライアルとなりました。

同じ繁殖屋から引き取りました「なみへい」と名づけたダックスが 25日の夜に亡くなりました。

この子は未だ7-8歳と言われましたがボロボロで「放って置けば死ぬよ」とその繁殖屋が言ってい

た子です。

引き取ってからヨタヨタしながらも庭を歩き ご飯の催促で搾り出すような声でワンワン吼えていま

した。

歯茎が腐って頬に穴が開いていて後ろ足も爪から先が無くて本当に過酷な中で生きて来たのだと思う

と悲しくて仕方がありません。

又「のりへい」にも良いお話が有りましてお見合いは成功しました、これからトライアルとなります

この子も多分繁殖に使われた子でしょう 声帯が切られていました、性格は甘えん坊で優しい子なの

で幸せになって欲しいと願っています。

それぞれのお話がどうなりますか 12月も後僅かですが高齢犬と元気な子犬3匹抱えていますから

毎年思う事ですが 暮れも正月も無く毎日あわただしく過ごす事になります。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-12-29 00:45
センターの犬、猫に毛布、タオルのご支援の呼びかけをさせて頂いてます
センターに届けさせて頂きました。

12日の町田譲渡会の会場で頂きました皆様、
きずなに直接送付頂きました方、
手渡しで頂きました皆様、
本当にありがとうございました。

まだ来年、2月程、笠間は寒いです
引き続き呼びかけさせて頂きます
どうぞ、よろしくお願い致します。


12月6日と9日に収容された子犬達3匹の引き取りに行ってきました。
今年は何度か子犬の譲渡希望を申し出てきましたが、1週間程保管お願いしていると、
伝染病が発症して死亡してしまう事が続き悲しい思いをしてきました。

センターに収容された為伝染病に感染してしまう事が多いとすれば、そこを何とか改善出来ないかと、センター長に保管場所の改善と消毒の事等、色々とお話をさせていただきました

確かにこの広い茨城県全域の頭数がこの笠間の指導センター1つに収容されるのですから、日々の業務がいかに大変かは理解できますが、ボランティア側も何とか1頭でも助けたいと活動している事を伝え、改善できる事があれば実施してほしいとお願いしてきました。


いつも引き取りの書類を頂く時に、保護経緯をお聞きしています。
この子犬達はゴルフ場に居ついていた、民家に居ついていた等だそうです
まだ、2~3ヶ月の小さな犬が放浪している状態は東京都や神奈川県では考えられません。

人なっこく、とても良い子達なので、飼われいる親犬が産んだのでしょう、
やはり、避妊手術の必要性を伝えていかなければなりません。

引き取ってきた子犬達を乗せて、午後の受診に間に合う為に夢中で高速を走り、地元の動物病院へ着きました。
パルボとジステンバーの検便チェックをお願いし、クリアーした為ワクチン接種して頂きました

家に着き、始めてでしょう、室内の暖かさを感じ、たっぷりとご飯を食べて、3匹寄り添って寝ている姿を見て
涙が出てきました

保護して新しい家族の元に送り出す事は本当に大変な事です。
今、きずなでは成犬の保護場所の空きがなくて、子犬か小型犬しか保護できません。
この子犬達は今日は家にも慣れて元気で家の中をメチャメチャに遊びまわっています
嬉しい思いと、大変な思いと色々です

これから家族探しのスタートです


★蓮★
オス・3.5ヶ月4.5kg・(柴犬雑種、少し口の周りが黒毛)

★倫★
メス・3.5ヶ月・4.8kg・(柴犬雑種、茶に白っぽい所があり目が秋田ぽい)

★蘭★
メス・3.5ヶ月・5.3kg・(モコモコで色はベージュ)



  ★★パソコンの状態が悪いためお問い合わせはこちらへお願いいたします
      (注)前回と違うアドレスになっています!


      kizuna_sapoto@yahoo.co.jp
        




d0106951_20505234.jpg
d0106951_2052169.jpg


d0106951_20551917.jpg
d0106951_20561556.jpg

d0106951_20565778.jpg
d0106951_20571786.jpg
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-12-22 21:42

今年最後の譲渡会

12日はお天気に恵まれてきずなの仲間と預かりボランティア様と7匹の犬を連れて行ってきました。

今回は「トム」と「ルネ」にお話がありましてトライアルの予定が入りました。

今年最後の譲渡会と言う事でこの会場から巣立った子達が遊びに来て下さり 本当に嬉しい一時でし

た。

「大河君」は3ヶ月程の子犬の時にセンターから来ました、伝染病を克服して巣立ちました。

     身体もしっかりして聞き分けの良い子に育っていました。

「もみちゃん」は私が保護した中で最強の煩い子でしたがやはり煩い子のまま、そんな子でも

     頑張って育てて下さり 少しお姉さんになっていました。

「ふじちゃん」は相変わらず大人しく少し幸せ太りかなーーー

「はなちゃん」はすっかりオシャマナお姉さまになって 保護した時に付けたナメコと言う名前

      なんか忘れてしまっていました。

卒業犬の幸せな姿がどれほど私達の活動の励みになる事か 疲れが飛んでしまいます。

これからも小さな命に対しても責任が果たせるような活動をして行かなければと思いました。

こうして新しい家族に巡り合えた子達もいますが、人知れず命を絶たれる子達も沢山居る事を忘れて

はならないと感じます。

6日に収容されていた半年位の幼い犬2匹の姿が目に入りましたので譲渡の希望出していましたが

13日に連絡が有り死亡したとの事です。

まだ3匹の子犬も譲渡願いを出して有りますので何とか引き取れたらと毎日落ち着かない状態です。



    パソコンの状態が悪いためお問い合わせはきずなの携帯にお願いいたします。

          kizna-sakura.@ezweb.ne.jp
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-12-15 15:26

12日は譲渡会です

今年最後の譲渡会が12日に開催されます。

きずなからは「トム」「マリア」「のりへい」「メリー」「ゆうと」「ルネ」「エル」が参加予定

しています。

1頭でも迎え入れて頂ける御家族に巡りあえます様にとの願いで参加いたしますが 一度は捨てられ

た過去のある子達ですので 動物を家族にしたいと希望される方は真剣にお考え頂き申し込んで頂き

たいと御願いいたします。


誠にお手数ですがPCの状態が悪いので お問い合わせは携帯に御願いいたします。

    kizna-sakura.@ezweb.ne.jp
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-12-08 06:15

お知らせです

12月4日はイーアスのフリマに参加いたします。


今パソコンのトラブルで頂きましたメールが見られません、お問い合わせを頂いた皆様には誠に

お手数おかけしますが下記のアドレスにご連絡ください。

  kizuna-sakura.@ezweb.ne.jp

動物の引取りの御願いなどにはお答えいたしていませんのでご理解いただけますよう御願いいたし

ます。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-12-03 20:42

さらに改善を希望します

11月19日に収容された子犬2匹の譲渡希望出していました。

この子達は土日と祭日を挟んだ為に26日が引き出し可能の日となりました。

26日には元気なのでワクチンを接種して下さいましたので 12月1日に受け取りに行く予定で

いましたが 残念な事に30日にセンター内で亡くなってしまいました。

職員の方も手を尽くして頂いた様子を御話くださいましたが やはり今のセンターの状態では伝染病

を防ぐ事は難しいと思います。

今年になり子犬の譲渡を希望してきましたが どの子も引取れませんでした。

伝染病の怖さを常にかみ締めながら何時引き出したら安全なのか悩みながらの活動です。

しかし改善して行く方法も有るのでは無いかと考えます、譲渡希望している犬や猫の保管場所の改善

等こちらも要望していきたいと考えます。

数年前より茨城のセンターの収容状態はとてもよく改善されてきています、何回訪れても委託業者の

方々の対応も丁寧で 掃除も行き届いていて臭いも有りません。

寒さを凌げるようにと毛布やタオルが敷かれて居ます。

これも県の職員の方や愛護団体の方や推進委員の方々などが最終の場所であるセンター内の改善をさ

れてこられた結果だと思いますので これからも良い方向へ動いて欲しいです。


「ご支援の御願い」

今きずなでは保護犬やセンターに収容されている犬の為に使用済みの毛布とタオルのご支援の呼びか

けをしていますのでご協力御願いいたします。

この件に関してはお問い合わせメールからお申込みください。
[PR]
by a-s-kizuna | 2010-12-01 02:32