殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

牛久市の取り組み

「動物愛護条例 牛久市提案へ」  との新聞の記事を見ました。

3月1日開会の定例市議会に「動物の愛護及び管理に関する条例案」を提案するとの事。

内容は県でも定められている条例で、大規模地震などの災害時に動物を保護したりする権限を持つ

事や動物の避妊、去勢手術の費用として約175万円を盛り込む事などで この案が可決されれば

4月から施行されると言うのです。

市が動物たちの為に前向きに取り組んで下さる事はとても素晴らしい事だと思います。

指導センターの捕獲頭数、放棄頭数が表示されている資料を見ても この牛久市は処分数が少ない

のです。

この取り組みが他の市にも影響が出て地域が良くなって欲しいと願います。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-02-28 15:33

マリアが虹の橋をーーー

1月半ばから体調が悪くて この2週間近く水だけ飲んできました。

一日中寝ている状態ですが 時々ドアを開けると部屋から外を眺めて風を感じている様子。

一作日迄シートを取り替えようとすると立ち上がってくれたマリアは昨日はもう動きたくないとーー

私が寝ている間に一人で虹の橋を渡っていきました。

手を煩わせること無く、最後まで優しい気持ちの子でした。


センターから引き出して1年2ヶ月と2日。

乳腺腫瘍の手術を行う時にご支援頂いた方、療養食をご支援頂いた方、一時預かりを申し出て下さい

ました方、そして獣医様、本当に有難うございました。

譲都会にも参加して優しい子ですね~と皆様に撫でて頂き 短い生涯では有りましたが精一杯に生き

たマリアを褒めてあげたいと思います。


d0106951_14252085.jpg


26日にペット霊園に埋葬しました。

先に虹の橋を渡った仲間と仲良く遊んでいるでしょう。

本日マリアにお花を頂きました、有難うございました。
d0106951_151590.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2011-02-25 14:25

トライアルに

先週の譲渡会で希望がありました「蓮」のお届けに行きました。

途中渋滞がありましたが大幅な遅れが無くお届けできました。

トライアルなのでどうなりますかーーー

幸せに巣立って欲しいと願います。


又今日は新入りの犬がスタッフの家に来ます。

昨日埼玉のセンターから引き出した犬です、未だ1-2歳の雄のプードル。

トイプードルにしては少し大きい様ですが 性格が良い子だと言うので家族探しを始めて行きたいと

思います。
d0106951_2110744.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2011-02-19 21:13

退院とお届けに

16日は「しらゆき」の退院と「蘭」のトライアルのお届けにそれぞれにスタッフの方が動いて下さ

いました。


「しらゆき」の退院にあわせて私も時間の許す限り獣医様からのお話をお聞きしたいと思い病院へ

いきました。

小さな身体で良く頑張って耐えてくれました。

獣医様からも術後の様子をお話下さり 生きたいと言う自然の強い力が有る子ですね~と言って頂き

ました。

これからもお世話をして行くスタッフの方のご苦労を思いますが どうぞ宜しくお願いいたします。

「しらゆき」の詳しいお伝えはスタッフブログに後日掲載させて頂きます。


「蘭」は13日の譲都会で希望が有り本日トライアルとなりまして預かりをして頂いたスタッフの

方がお届けに行ってくださいました。

とてもシャイな子で譲都会場でもキャブから出てこなくて困りました。

それでも気長に話しかけて下さった希望者のお母様とスタッフの愛犬の誘いでやっと外に出て来て

お母様に抱っこして貰いました。

茨城の民家に居付き、センターに引き取られたと言う経緯の子犬でした。

人を信じて裏切られたと言う想いが残っているのでしょうかーーー

これからはそんな想いを忘れて生きて欲しいと願います。

トライアル期間頑張って欲しいです。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-02-17 04:33

譲渡会とフリマに参加

昨日まで雪が降っていたので 今日行われる譲渡会とフリマの開催が心配でしたが

朝から晴れていて安心しました。

私とスタッフとボランティア様は町田の譲渡会に「トモニ」「倫」「蓮」「とと」「ゆうと」

「蘭」を連れて参加いたしました。

「蓮」と「蘭」に希望が有りましてトライアルに進みます。

いつも感じる事ですが 1頭1頭に真剣に対応されている譲渡会の皆様の姿を見させて頂き私自身も

励みになり今迄活動してきた事が間違いが無かったと思える事です。

譲渡会に参加する子達は飼い主から捨てられた子やブリーダーから放棄された子や放浪していた子等

様々な辛い過去を生き抜いて来た子達ですから その経緯をきちんとお伝えして新しい飼い主様にご

理解頂いています。

みんな幸せになって欲しいとの思いで活動している仲間がいる事は素晴らしいですね。



フリマに参加のスタッフの方々も大変なご苦労です。

朝から車に荷物を積んで 会場に搬入して車の移動、出展の品物をならべて

食事やトイレの休憩もそこそこに動いている姿が目に浮かびます。

きずなの保護犬たちに医療費が掛かっていますので 提供して頂きました品物を治療費の捻出に当て

る為に活動してくださるスタッフの力がありがたいです。

今回の売り上げは13196円でした。

今日も一日小さな命を守り助ける為に 助け合えた事が嬉しいです。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-02-13 22:23

動物病院へ

昨日は3頭の保護犬の受診でした。

ゆら はフィラリア感染症からの血尿だけでは無く ストロバイド結石もありその上膀胱炎も起こし

ているとの事でした。

点滴をして薬を頂き1週間後の受診となりました。

今日は少し回復してご飯も食べてくれましたし 少し尿の色も薄くなりました。

とても優しく良い子ですから気長に通院して頑張りましょう。
d0106951_1114683.jpg





しらゆき は命がけの手術をしました。

廃業する繁殖屋からの放棄犬で保護した時には目はドライアイで見えていない様、歯は溶けてありま

せんでした、小さな舌がペロっと出ていて3キロほどの小さなチワワです。

歳は4-5歳と言っていましたが どうしたらこんなにヨレヨレな状態で放って置くことが出来るの

でしょうか。

しらゆきの顎の骨が自然に折れてしまい 食べる物が喉を通らない状態になってしまいまして 急な

手術となりました。

獣医様も夜遅くの手術で本当に大変だったと思います。

2週間程の入院となりそうですが何とか元気になって欲しいです。

同じ繁殖屋から引き出したダックスの「なみへい」も天国で応援してくれていると思います。


チビ の乳腺腫瘍はかなり大きくなってきていました。

このまま投薬で様子を見て行くしかありません。

自壊を恐れますがその時は手当てをしながらの看病となります。


今の時代は不妊手術を行う事やフィラリア予防薬を与えて行く事は 当たり前になっています。

人間が防げる病気は防いで行って欲しいと思いますが 簡単に捨てる人の耳には届かないのでしょう
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-02-08 10:56

治療費の捻出の為

保護した犬や猫が直ぐに新しいご家族の元に縁がある訳ではありません。

私達の手元に来るまでどの様な状態の中で生きてきたか

保護してから様々な疾患が有ることが判った場合には譲渡を諦め治療を続けて行かなければなりませ

ん。

きずなの仲間は仕事を持ちながら家庭の中で遣り繰りしながら活動しています。

犬や猫の保護場所も大きなシェルターを持って居る訳では有りません。

家庭犬として巣立たせるには家庭の中で育てていく、猫も室内飼育が基本ですから血液検査をクリア

ーして固体の状態をご理解して頂く家庭に譲渡していく、これが私達の考えです。

1頭の命と巡り有ったのですから 丁寧に真剣に命と関わって行きたいと考えています。

今きずなでは治療を続けて行かなければならない子達が沢山います。

皆様にご提供して頂きました品物をフリマに参加し売り上げを治療費の為に使わせて頂いています。

5日は今年初めてのフリマに参加しました、高速を使い朝早くから一日中頑張りました。

出展料差し引き7050円でした。

一日一緒に活動して頂きました、スタッフの方々には本当にお疲れ様でした。

2月は13日に町田の譲都会に参加組と牛久市のフリマ参加組と分かれての活動です。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-02-05 23:33
今きずなでは昨年引き出してきた子犬3頭と放棄された小型犬の他に雑種の成犬達を保護しています

ので 次に助けられるスペースが無くてセンターからの引き出しは限られた犬だけになっています。

1月31日に収容されたゴールデンがいました、たぶん飼い主が現れると思いましたが以前私が縁付

けたゴールデンの里親様から2頭めを考えているとの連絡を頂いた直後でしたので 万が一返還され

ない時は引き受けようとセンターに昨日連絡をいれました。

今日の夕方センターより飼い主が現れたと連絡が有り なによりその犬が家族の元へ返れた事でほっ

としました。

助けられなくてもセンターに収容された犬達の画像を毎日みています。

どの地域が捕獲数が多いのかも調べています。

以前報道された神栖市はこの所捕獲数は減っています、報道された直後に沢山捕獲されてしまったの

でしょうね。

センターに収容された子達の気持ちは不安でしょう

大切な家族の一員である動物達を守るのは首輪に迷子札と鑑札を付ける事です。

どうぞ飼い主の皆様もう一度確認して頂きたいとお願いいたします。

飼い主が居ない犬達も沢山います、不幸な命を作らない為にも不妊手術の啓蒙が必要です。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-02-01 20:45