殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

緊急のお願い!

ミンピンが行方不明です

情報がありましたら、成犬譲渡の会までお願い致します
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-03-30 21:32
東日本大震災から2週間が過ぎて 被災したペットの保護問題が浮上しているとの事。

飼い主からはぐれて飢えとストレスにさらされていて 住処をうしなった犬の収容問題が深刻である

宮城県動物指導センターには70頭程の犬が収容されたが飼い主が現れたのが1頭だけ。

今後飼い主が現れないときは どうなるのか深刻な問題だと思われます。

仙台市被災動物救援対策臨時本部が設けられていて

物資支援や譲渡の申し込みなど各自治体や動物愛護協会等を通じて連絡して欲しいとの内容です。

被災された方々の心痛はかりきれませんが 動物達も被災しています。

この星に生きる者が悲しんでいるとしたら 色々な形で手を差し伸べて行きたいと思います。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-03-28 20:27


東日本大震災から2週間経ちましたがまだ余震があり、あの日の恐ろしさが蘇りますが

今は少し落ち着いて色々な事にも思いを募らせる事が出来てきました。

被災地に在る動物園や水族館はどうなっているのか?と思いました。

昔の話で戦争が勃発した時に動物園の猛獣が処分されたと聞いた事を思いだしまして

ネットで検索してみました。

被害は免れた様ですが食料が不足している為 全国の動物園と水族館の力で支援している様です。



「災害時には人名が最優先されるのは当たり前である。

一方で動物園や水族館には国民に恩恵を与えてくれる貴重な数々の命がある、それを守るのは

全国の動物園や水族館の力しかない。」

とも書かれていました。


皆様いろいろな立場で沢山の命を守る為に動いている事を知りました。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-03-27 22:37

1ヶ月も頑張りました

本日やっと子犬を引き取りに行かれました。

2月25日に収容された子犬です、もう1頭一緒に同じ場所で捕獲された子犬も希望出していました

がセンターで亡くなりました。

いつも私達は病気との闘いで引き出していますから覚悟はしていますがやはり切ないですね。

この大地震で迎えに行かれなくて 気ばかりが焦りました。

この前に引き出した子は伝染病に感染し、直ぐに入院となり 幸い退院できました。

今は元気に生活しています。

どの子も運命がありますから 1ヶ月もの間元気に過ごせたのもこの子の強い生命力でしょう。

名前を「忍」(にん)と付けました。

これから健康チェックして 暖かいご家族の元にお届けできるまで のんびりと過ごして欲しいです

今日訪れたセンターは地震の被害も見受けられませんでした。

収容頭数が少ないこの時に消毒を徹底して欲しいとお話をしてきました。

職員の方が「色々な団体様が譲渡の申し出をして下さっていて とても嬉しいです」と話して下さい

ました。

職員の皆様も処分数を減らす為に努力されておられる事を感じました。
d0106951_19113818.jpg


家に付いても緊張のあまり涎がでています。

子犬用のレトルトパックを送って頂きましたので さっそく「忍」の夕食に頂きました。



保護犬や猫にご支援を頂いています、本当に有難うございます。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-03-24 19:15

動物達に支援金


東日本大地震で被災した動物達に支援を送りたいがどうしたら良いのでしょうか?

とお問い合わせを頂きました。



緊急災害時動物救援本部が 日本動物愛護協会、日本動物福祉協会、日本愛玩

動物協会、日本動物保護管理協会、日本獣医師会 によって組織が設置されていま

す。

支援金も受け付けています。



又各地方自治体が被災難民の受け入れが始まりましたが中には家族の一員である

動物も一緒に受け入れている自治体が有りますので各地方自治体にお問い合わせ

願います。


他には各ボランティア団体様がホームページに支援内容を掲載されている様です。


以上こちらで把握している限りの内容です。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-03-21 09:16 | 活動

元気になれます!


この所茨城沖、茨城県南部、北部の余震が多く不安な毎日です。

又昨日、今日と強風が吹き荒れてとても寒くて 何だか自然の神様が怒っているのかしらと思って

しまいます。

それでももっともっと大変な方が居る 眠れない夜を迎える方々が居ると思うと本当に胸が痛みます

悲しいニュースばかりの毎日ですが里親様から励ましのメールやご支援を頂きとても有りがたく勇気

を頂きました。


何年か前にご縁が有りました里親様からも嬉しい画像が届きました。

「はる君」です
d0106951_20552167.jpg


「琥珀ちゃん」です
d0106951_20565374.jpg


先日ご縁がありました
「ももちゃん」です
d0106951_20592471.jpg


いつも遠くから見守って下さいます
「りじゅちゃん」です
d0106951_2112080.jpg


みんな センター出身の子です。

この子達の姿から私たちは元気を貰う事が出来ます。

明日に向って行く事が出来ます。


嬉しいお便り本当に有難うございました。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-03-17 20:58

励ましのメール

皆様から励ましのメールを頂きまして大変ありがたい思いです。

茨城県も海に面している地方ではかなりの被害が出ています、私の地域は比較的大きな被害は避けら

ました。

それでも地割れや瓦の屋根やブロック塀など崩壊している所があります。

各地の断水もほぼ普及しているようです、電気は供給されています。

スーパーやホームセンターは閉店の所や時間制限の開店の所など様々ですが生活用品は殆ど手に入り

ません。

これは埼玉県、千葉県、東京都など かなりの範囲の状態のようです。

今回の事態で改めて思う事は もっと資源を大切にしていくべきだったと思わせれました。

センターに子犬の譲渡を希望していまして昨日引き取る予定を経てていましたがガソリンの確保が出

来ず迎えに行かれませんでした。

心配をしていますがどうにもなりません、収容されている動物たちは多くの不安の中で最後を迎えな

ければ成らないのかと思うと本当に切ない思いです。

まだまだ余震が続いて眠れない夜が怖いと感じますがもっと強い恐怖と悲しみを負った方々がいます

今こうして生活出きる事、守る命が有る事が有り難く思います。

励ましのお言葉を頂き前向きに活動してまいりますので今後もよろしくお願いいたします。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-03-16 04:40

大変悲しい事態です

日本中を震撼させたこの大きな地震、被災地の皆様はどの様に生き延びておられるのか?

今迄普通の生活を営んで来られた全ての物が失われて

大切なご家族を失われた方にどの様な言葉を掛ける事ができるのでしょうか。

本当に胸が痛みます。


私事になりますが 仕事先でこの事態に会いました、直ぐには家に帰る事が出来ず家族は大丈夫か?

家で留守番をしている動物たちは大丈夫か、とても心配をしながら仕事を続けなければなりませんで

した。

仕事が終わり家に帰る道の信号は消えてお互いに譲り合いながら車を走らせて来ました。

途中の道に面したブロック塀が壊れたり瓦屋根が壊れたりと被害の様子を見ながら不安になりました

家に帰ると家の窓が全て開いてしまって犬は庭に出ていました。

幸い庭は柵で囲ってあるので逃げ出すことは無く安堵しました。

猫もベランダと押入れに逃げていましたので全て無事でした。

電気と水が出ない状態の中で何度も繰り返す地震の怖さにまんじりともせず朝を迎えました。


今の状態は水道管が破裂した為に水が出ませんが電気とガスは使えます、パソコンもやっと立ち上が

りました。

茨城全域の状態と思いますがスーパーやコンビニ等閉店している所がありますが開店している所では

商品が店頭にありません。

食べる物が無い状態です、ガソリンスタンドも閉店の所が多いです。

人間は何とか工夫して食べていますが 犬や猫のフードが手に入りませんので大変困っています。


まだ私の所は何とか凌げる状態です、こうして生きている事がありがたいと思えます。

里親様から心配のメールを頂きまして本当に有りがたく思います。

自然の力の恐ろしさを感じて謙虚に生きて行かなければと思わされました。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-03-13 22:25

譲渡会に参加予定

3月13日に町田の譲渡会に参加予定しています。

「トモニ」 「とと」 「倫」 「ゆうと」 「エル」 に新入りの「ヒロ」です。

この譲渡会で沢山の赤い糸が結ばれてきました。

いつかは本当のご家族の元に巡り合えるとの希望を持ちながらお世話をさせて頂きます。

NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会 さん主催
第27回町田合同譲渡会に参加します


3月13日「日曜日」
AM11時ーPM2時まで。
真心動物霊園、
第2駐車場で開催いたします。

町田市図師町997-7
地図検索
Googleマップhttp://maps.google.co.jp/maps
goo地図http://map.goo.ne.jp/
Yahoo!地図http://map.yahoo.co.jp/



先日センターから引き出した子犬の「陽向」は次の日に伝染病の為に入院となりました。

今はかなり回復してきましてもう直ぐに元気な姿を見て頂けると思います。

私たちは最終処分場の動物にせめて1頭でも光を与えたいと思いの中活動しています。

センターからの譲渡と言う活動は当初はボランティアの方々からも批判を受けました。

先ず「伝染病の菌を外に持ち出すな!」 「処分される中から選んで引き出す事がどうして出きるの

か?」 「茨城にはセンターに取りに行かなくても捨て犬や猫は転がっているよ!」など様々な声を

聞きました。

その様な非難を受けながらも何とか助けて行きたいと活動してきました。

センターから引き出す事は伝染病の発症や過去のある動物の心の問題等を受けて行く事は覚悟の活動

です。

もちろんセンター側も譲渡した動物達が問題なく新しいお宅へ貰われて行って欲しいと思いながら業

務をされている事でしょう。

助け出された小さな命を暖かいご家庭にお届け出来た時は様々な思いも消えていきます。

沢山の方に譲渡会に来て欲しいと思います。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-03-11 10:15

ブリーダー崩壊

又 ブリーダーが崩壊して 多数の動物のレスキューをされている 動物の幸せを結ぶ会 様のブログを拝見しました
なんで この様な状態にまで させられるのか 本当に人間の遣る事か と怒りがこみ上げてきます

どうぞ皆様 この現状を見て頂き たいと思います

環境省も動物取扱業のパブリックコメントを行うと聞いています
皆様で声を出して法律を変えて行きましょう。
[PR]
by a-s-kizuna | 2011-03-06 21:56