殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

子犬のワクチンに

5月27日生まれの子犬達、早いもので2ヶ月経ちました。

子犬を産ませてしまった飼い主は私に嘘の情報を伝えてきました。

お腹が大きくなってきたのは解っていたが金銭的に遣り繰りが付かない事と

自分自身が鬱病になり精神的に参っていたからだと話してくれました。

又産まれた子犬を直ぐに始末しようと考えたがお乳を飲んでいる姿を見て出来なかったと。

母犬と子犬を引き取ってから色々な方の話を聞き嘘だと言う事が解りました。

個人の事なのでこちらに書く事は控えさせて頂きますが、騙された私が悪いと言う事なのでしょう。



仔犬達が大きくなるに連れて皮膚が剥げて来てしまいました、母犬のお乳のあたりも発疹が見られます。

皮膚疾患のある子達、しかも5頭が雄で皆同じような顔。

母犬は激やせで骸骨の様

この犬達の家族探しが出来るのだろうか?

この犬達に責任を果たして行かれるのか?

毎日毎日泣きました、夜眠っても起きて考えてしまい、うとうと眠り始めると今度は子犬が泣き始めて

1ヶ月半は辛い日々でした。

そんな大変な思いをして育ててきた5頭、今日1回目のワクチン接種に行ってきました。

皮膚の状態は何回か往診してみて頂きまして今日又調べて頂きました所真菌とは違う細菌と言われました。

少しづつ改善してきていますので問題ないとの事、本当にほっとしました。

こらから家族探しが初められます。

「デップ」(天、改め)  5,27キロ
d0106951_22463015.jpg


「チップ」 4,76キロ
d0106951_22492328.jpg


「ルップ」 4,3キロ
d0106951_2251616.jpg


「クップ」  5,34キロ
画像なし

「ホップ」  5,32キロ
d0106951_2254245.jpg


皆同じ様でこの顔を見たら悩んでしまいます。

元気で兄弟と仲良く遊んでいますのでどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-07-31 22:58

ボーラの手術

6月初めにセンターから引き出したポインターを不妊と乳腺腫瘍摘出の為に昨日手術を行いました。

身体は大きい方なので体重はかなり有るかと思いましたら22キロ、皮下脂肪が少ない様で低体温を

起こしてしまったそうですが無事に手術実施できました。

d0106951_45628100.jpg


1っ箇所だけに大きな腫瘍でした。

術後の画像は痛々しいので止めました、がんばったボーラさん

性格はとても優しく寂しがり屋さん、ボーラにふさわしい家族探しを始めます。


今 きずなではケアーが必要な犬や猫を抱えています、1頭づつ時間を掛けての家族探しとなります。

その為次の命を助けて行く事が難しい状態です。

この所猫を引き取りの依頼メールが多く困惑しています。

庭に猫が来ているが飼えない環境だから引き取って欲しい、野良猫が子猫を産んで近くに居るので引き取っ

て貰えないか、など。

私達も本当に手一杯の活動をしていますのでこの様なお話もお受けすることが出来なく心痛みますがご理解

頂きたいと思います。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-07-27 04:53

無知なのでしょう

5月末に不良飼い主から母犬と産まれたばかりの子犬5頭を引き取りました。

余りにも痩せて元気が無い母犬が5頭もの子犬を育てられるのか とても不安でした。

獣医様にも相談して早めに離乳させました、子犬達はぐんぐん大きくなってきたので母犬と離して保護犬達と

一緒にさせました。

元気で良く食べ良く遊び大騒ぎの毎日です。

先輩の「倫」「葵」「ゆり」「たら」達が本当に良く面倒を見てくれますから 私が仕事で不在でも何とか育つて

くれました、もちろん仕事上何度も家に帰りご飯を与えトイレの世話が出来たから子犬も抱えられたのです。

痩せている母犬も少しづつ体力が付いて来ている様です。

この2ヶ月間夜も殆ど眠れず、一日中動き回っている状態でもう限界だと感じていましたが


実は6月中旬に高齢の方のお宅で子犬が3頭産まれていると情報が入っていまして、そのお宅に伺い仔犬達

の様子を見ましたら納屋の縁の下でうずくまっていて2頭は茶色の雌で1頭が黒の雌でした。

今は仔犬達を引き取る事が出来ない事、母犬の不妊手術をして頂く事などお伝えし約束をして帰ってきまし

た。

そろそろその子犬達が庭で遊び初め何処かへ行ってしまわないかと心配の毎日で、でも今の5頭の事も有り

本当に悩んで悩んで、それでも心配しているよりは手元に置いた方が良いと決心して昨日仕事の後でそのお

宅へいきました。

母犬は繋がれていましたが尻尾を振って頭を撫でさせてくれました、子犬は何処にいますか?

と聞きましたら 死んでしまった と言うのです。

庭が雑草が生い茂って来たから除草剤をまいたら 次々に死んでしまった と。

聞いていて涙しか出ませんでした。

私が早く引き取れば良かったのにと自分を責める気持と、無知な人間に対してのやり場のない怒りとで本当

に心が重くなりました。

悪気は無いのでしょうただ無知なだけなのでしょう

考えれば解るずなのに農家の方には除草の方が大事なのでしょう。

この小さな命が失われた事を二度と繰り返してはいけないと思い、その母犬の不妊手術だけは必ず行って

頂くようにフォローして行きます。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-07-24 16:42
茨城を出る時小雨が振っていましたが参加する犬や猫には調度良いお天気となりました。

私は仕事と活動で休みが無く体調が思わしく無くて遅れて参加となりました、皆様に会場設営をお願いして

しまいました。

今回は「倫」「ゆり」「たら」が茨城から

「かつお」「彩」新入りの「まり」が地元から参加しました。

又個人で活動されているボランティア様たちも参加されました。

その中の子猫が1頭トライアルへと進みました。

他の子達は又頑張りましょう。

何件かのご家族とお話しできましたが、動物を家族の一員として育てて行く為にはもう少し慎重にお話を進め

て行く必要があると思い又お考えいただく事にさせていただきました。

d0106951_1565617.jpg
d0106951_1581352.jpg

「ゆり」です。

d0106951_1591834.jpg

子犬の「天」

d0106951_15101824.jpg

子猫グレー

いつも会場設営のお手伝い有難うございました。

おにぎりやお菓子や漬物の差し入れも有り難いです。

終わってからfrog様にご挨拶をしながら美味しいコーヒーを飲みながら反省会。

仲間たちとはいつも会っていてもゆっくり話す時間が無くて 8月はどうしようか話し合いましたが、子犬達5頭

抱えていますので第4日曜日開催する事に決まりました。

幸せの赤い糸が結ばれますように頑張りましょう。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-07-23 15:21

春日部犬猫譲渡会

22日は春日部にて犬猫の譲渡会を開催いたします。

きずなで保護している子達は体調を見ながらの参加です。

この譲渡会に個人で保護されているボランティア様の犬、猫も参加されます。

ワンちゃんは「ちゃこ」ちゃん。

飼い主に捨てられて暫く筑波山の麓で放浪していたワンちゃんです。

d0106951_21104659.jpg


猫ちゃんは

d0106951_21115584.jpg
d0106951_21131041.jpg

d0106951_21184455.jpg

2ヶ月位の子猫です。

個人で保護されてきちんと活動されている方々の情報です。

どの子にも幸せの赤い糸が繋がりますように~

捨てられた命に小さな愛の手が差し伸べられますように~
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-07-21 21:21
昨年から開催しています春日部の譲渡会も回を重ね多くの方に来ていただけるようになりました
今回も是非いらしてください

場所 春日部市南5-7-21 Frog(リサイクルショッツプ)様の駐車場

時間 AM10時~PM13時

     会場では保護犬、猫の為のフリーマーケットも開催いたします。


茨城から参加
「倫」 「百合」 「たら」 
 
埼玉から参加
「彩」「かつお」

参加仔犬詳細
茶柴風男の子
かつお 6ヶ月位 

黒の男の子
たら  6ヶ月位

成犬も仔犬も皆とっても良い子です

可愛いわんにゃん達に是非会いにいらしてください
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-07-17 23:26 | 活動

二日間行政と話し合いに

10日は埼玉県内の市役所の議員様を訪問してから 県の生活衛生課を訪れました。

動物の飼育の問題で地域の皆様が困っていて 何とか行政に入って貰い改善して欲しいとお願いをしてきま

した。

行政側には何度か地域の方々が相談をして来られました、改善して貰う為には何度も声を出して行かなけれ

ば成りません、行政側にもきちんとした対応をして欲しいとお願いをしてきました。



11日は笠間に有ります動物指導センターにて愛護団体と動物推進員の方々の交流会が初めて開催され

私も出席iさせて頂きました。

東京都と神奈川県の3団体と地元からは2団体、推進員は20名が参加し 県主催の譲渡会、返還後のフ

ォロー、放棄した飼い主へのアドバイス など意見を出し合いました。

茨城県は犬の殺処分数が全国1です、処分数を減らす為に愛護団体が懸命になり引き出す活動をおこなっ

つていますから 地元の推進員の方々が動物の適正な飼育のアドバイスや不妊手術の啓発に力を注いで

行けば処分数は減ります。

しかし まだまだ県民の不妊手術に対する認識が低いのが現実です、産まれても川に捨てたり穴を掘って埋

めて殺したりする大人がいて それを見ながら子供が育って行くのです。

命の大切さを学校で教えても家庭の教育がこの様では 嘆かわしい事です。

推進員の方の中でメスを入れたくないと発言した男の方がいて唖然としました、今回の話題の中でも不妊

去勢手術の普及を取り上げて有り、 本来ならば地域に不妊手術の啓発を行う立場の人間が自分は手術反

対と言うのですから なんで推進委員になったのか? どうしてこの様な考えの方を県は許可したのか?

本当にびっくりしました。

又8月に推進員の取り組みで子供たちにセンターの収容塔内部の見学と動物園の動物とのふれあい、盲

導犬のトレーナーの躾教室が予定される様です。

交流会に参加した団体や推進員の一部の方はこの取り組みの方向性が違っているので別々に取り組むべ

きだと声を出しました。

この交流会に出席してつくづく思うのが これが茨城県なんだ と言う事でした。

本当にワースト1を返上しようとは思わない人々なんです、本当に疲れてしまいました。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-07-13 00:21

町田譲渡会報告

d0106951_22314172.jpg
d0106951_22273094.jpg

d0106951_2228594.jpg


朝は未だ小雨が降っていましたが開催時間には晴れて少し蒸し暑い一日でした。

参加した各団体様の保護犬、猫が沢山いまして暑い中皆頑張っていました。

今回はきずなの保護犬達はご縁を結ぶことが出来ませんでしたが、飼い主死亡の為に放棄された4頭の

犬を保護されているボランティア様のエンジェルちゃんが幸せを掴む事が出来ました。

10歳と言う高齢の犬を本当に快く迎えて下さいましたS様は 何度も会場に足を運んでは各団体様にご支援

をされて居られます。

今回もきずなにもご支援頂き有難うございました。

1頭でも幸せを掴めた事が嬉しいです。

町田犬、猫合同譲渡会は8月は中止。

9月の第2日曜日の9日となります。


春日部の譲渡会はきずな単独ですが7月第4日曜日の22日午前10時~午後13時迄です。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-07-10 22:32 | 活動

町田

お世話になっています成犬譲渡の会様主催の合同犬猫譲渡会に参加致します

場所は真心動物霊園第二駐車場(町田市図師町997-7)

時間は11時~14時迄。

茨城から参加
「ゆり」 「倫」 「たら」

埼玉から参加
「かつお」「彩」


今回きずなからの参加は5頭です


参加仔犬詳細
茶柴風男の子
かつお 5ヶ月半位 

黒の男の子
たら  5ヶ月半位


「さざえ」は横浜の預かり様が性格がとても良い子なのでもしかしたらーーー
このまま譲渡になるかもしれませんので不参加となりました。

皆とっても良い子です
梅雨真っ只中の開催ですがお天気もちそうで良かったです
可愛いわんにゃん達に是非会いにいらしてください
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-07-05 13:21 | 活動

日々の活動

毎日仕事と保護犬 保護猫のお世話で休む時が有りません。

6月30日(土曜日)仕事を終わらせてから家の犬達の散歩、ご飯を与えて落ち着いてから横浜迄行きました

犬の預かりのボラんティア様に「さざえ」をお願いしに行きました。

途中渋滞で着いたのが22時、それでも快く受け入れて頂きまして有難うございました。

未だ若い「さざえ」が新しいご家族様にご縁がむすばれますようにと協力頂けます事に有り難い思いでお願い

いたしました。

家に帰りましたのが24時。

7月1日(日曜日)仕事を終わらせてから県内でも1時間半は掛かる地域迄不妊手術の為に車走らせました。

野良の若い雌猫を捕獲したいと考えて居られた方の庭に雄猫が3匹来ている為に雌猫がご飯も食べられず

追いかけられていると言うのです、先ず雄猫を捕獲して行きましょう、と伝え3匹の雄猫を捕獲して貰いました

その雄猫の手術の為に理解の有る獣医様に連れて行きました

7月2日(月曜日)やはり仕事を終わらせ犬の散歩とお世話をしてから3匹の雄猫を元の場所に戻す為に 又

夜通し車を走らせました。

d0106951_0105482.jpg
d0106951_0114575.jpg


夜になった為に画像が撮れませんでした。

何の為に毎日動き回っているのだろうか?

自分に問いかけながら いつも活動しています。

人も動物も この星に生きて居る者が安らかに生活できる事を願っています。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-07-03 00:14