殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

茨城県動物指導センターより引き出した2頭の犬の報告。

「こもも」と名付けました。

d0106951_23563889.jpg


未だ若い犬です推定2歳前後、性格は花丸。

センターでお世話をしている委託業者の職員の方が とても良い子です、と褒めて貰えました。

左足が悪いのですが歩行には問題有りません。

これから医療処置をしていきます。


「バンビ」と名付けました。


d0106951_2238736.jpg


未だ5ヶ月位かと思いましたが、獣医様のお話では7か月位だそうです。

身体は小さく8キロ弱、本当にバンビの様な子です。

両足の小指が欠損していたので診て頂きましたら、かなり小さい時に何かで挟まれたのでは無いかと。

人為的だと思われます、そんな辛い思いをしても人を信じて明るく元気な「バンビ」

お陰様で優しいご家族が現れました、不妊手術を施してからお届けとなります。



きずなは各個人の家で保護しています、1頭がご縁が有れば又次の命を と

助けられる数は少ないのですが 家庭犬として生きて行かれる様に私たちの小さな手元から巣立たせたいと

願い活動しています。

今回引き出した犬達の幸せを願い 本当のご家族様の元にご縁が有るまで精一杯お世話をさせて頂きます

「こもも」も家族募集に掲載いたしますので宜しくお願い致します。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-09-28 23:03
今まで本当に暑い日が続いていましたが、今日は又雨で寒くてこれも異常気象と言えるのでしょうか。

朝8時まで様子を見ようと埼玉の仲間と話し合っていました、一日中雨との予報でしたがお見合いの犬も

居たので開催に決めました。

9時に茨城を出まして会場に着いた時は小雨、テントを張り周りをブルーシートで囲い犬と猫を下しました。

d0106951_21233126.jpg
d0106951_21234182.jpg
d0106951_21242054.jpg
d0106951_82595.jpg


嬉しい事に何件かの方が見に来てくださいました。

お話をさせて頂くことが出来ましたのは本当に有り難いと思います、この雨の日に会場に足を運んで下さった

方が居る事が感謝です。

9月4日にセンターから引き出してきた「バンビ」はお見合いの結果希望を頂きました。

これから不妊手術を実施してお届けとなります。

遠路お越しいただき有難うございました。

参加した犬は 「ゆり」 「かつお」 「ボーラ」 「クップ」 「チップ」に預かり様保護の「チャコ」

猫は地元の野良猫の保護活動をされている個人のボランティア様の子猫ちゃん達。

本当に頑張りました、お疲れ様でした。

d0106951_834010.jpg
d0106951_84615.jpg

d0106951_843921.jpg
d0106951_85585.jpg


前回野良猫の事で相談を頂いた方からお礼を届けて下さいました、アベ様有難うございました。


この春日部犬猫譲渡会も来月で1年になります。

会場設営からお手伝い下さる仲間の力が本当に有り難いと感謝の気持ちです。

まだまだ知名度が低いのですが何とか続けて行きたいと思います。

仲間も増えて参加する子達も増えて1頭でも幸せな赤い糸が結ばれて欲しいと切に願います。

最後には楽しく美味しい昼食を皆で食べながら色々と苦労話に花を咲かせる時間が有るのも有り難く

今後の活動にも大きな力になります。


快く会場をお貸し頂く[frog]様今後も宜しくお願い致します。

来月も第4日曜日に開催予定です。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-09-23 21:36
毎月第4日曜日は春日部犬猫譲渡会です。

本日は雨模様では有りますが遠路からバンビのお見合いの方も来られますので開催いたします。

但し雨脚が強くなりましたら早めに中止となります。

午前11時からの開催です 参加する犬も猫も頑張りますのでどうぞ会いに来て頂けますようお願いいたしま

す。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-09-23 08:02
9月になりましても未だ暑い日が続いていますね。

その様な日々ですが きずなの保護犬や猫たちは元気で本当のご家族様に巡り合える事を願って

毎日毎日頑張っています。

9月23日の第4日曜日譲渡会を開催いたします。

場所は  リサイクルショップの  「frog]  さまの駐車場です。

時間は  午前11時から午後2時までです。

保護犬や猫の治療費やフード代の捻出の為のプチ フリマも行っています。

参加予定の犬は

「ボーラ」 「ゆり」 「チップ」 「クップ」が茨城から

地元からは「かつお」 「バンビ」 に預かり様の保護犬「チャコ」

猫は未だ未定ですが2ヶ月~3ヶ月の子猫が多数います、状況により参加となります

どのこにも幸せをもたらせて挙げたいと思うのですが、車に乗る頭数が限られてしまいます。

1頭づつきちんとご縁を頂けるように地道に活動して行きたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-09-19 22:42
ミニチュアピンシャーのニクラちゃん(保護名はとと」のお姉さんからのお知らせです。

ONE LOVEs messageに紹介されました。

この14日~16日 苗場で 野外ダンスフェスティバルが開催され、その中にドッグフェスのスペースを

持たれ、人と犬との楽しい時間を取り入れた企画をされたそうです。

野外ダンスフェスティバル「movement dance festival 2012」詳細

オフィシャルHP

タブロイド誌PDF



若い方たちのエネルギーで 日本における動物の問題を広く皆様に知って貰えたらと思うのです。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-09-14 12:17
8月28日にセンターから引き出した犬「ケント」」の報告です。

キャバリアハーフと掲示されていた雄犬でしたのでキャバリアレスキューの方から性格が良ければ助けられ

無いでしょうか?と連絡を頂きました。

処分の期限がお話を頂いた日でしたので直ぐにセンターに状態を聞きました、性格は明るく扱い安く問題が無

い、キャバリアサイズですが顔は鼻が長いので多分ミックスでしょうとの答えでした。

決断しなければ明日の朝には処分となるので 譲渡希望をだしましてワクチン接種して頂き28日に引き取り

ました。

きずなとして引き出した犬ですから暫く様子を見て相談を頂いた方にも預かりをとも考えましたが、年齢が6-

8歳、体重は11,4キロ、咳をしていたので多分フィラリア感染していると思い血液検査をお願いした結果は

強陽性と出ました。

凄い毛玉です、シャンプーをしたら以外に皮膚は綺麗と言うか余り陽に当たっていない様に感じました。

嫌がらずに洗えましたが毛玉が上手く取れなくて 

足の毛も爪も凄く伸びていました。

その様な状態の犬ですから私の元に置いてフィラリア予防などきちんとして行くつもりです。

散歩も強く引きまして舌が紫色になるほど引いています。

ケージには慣れていますが開けると庭で排せつをしないで自分のケージに排せつしてしまいます。

それでも他の保護犬達と仲良く庭で遊べるので何とか保護して行こうと思います。

キャバリアレスキューの方からはご連絡を頂きまして有難うございました。

又お心使いを頂きました、ケントの治療費に使わせていただきます。

暫くは家族探しは難しいと思いますが 様子はブログに掲載させて頂きます。
d0106951_22225357.jpg
d0106951_22233141.jpg
d0106951_2224559.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2012-09-10 22:28
8月は暑い為に譲渡会は中止にして9月は暑さも何とか凌げるのではと各団体様がそれぞれに保護されてい

る犬、猫を譲渡会に連れてこられましたが、今日も暑さは半端では有りませんでした。

きずなの保護っ子達も皆頑張りました。

凍らせたペットボトルを枕にして暑さを凌ぎ 本当に皆良い子でした。

参加犬は「倫」 「ボーラ」 「ベップ」 「クップ」 が茨城から。

「彩」 「かつを」 と 一般家庭からの放棄犬のチワワ が埼玉から

「さざえ」の預かり様が横浜から参加して下さいました。

先日センターから引き出した「バンビ」の預かり様も埼玉から保護犬の「チャコ」ちゃんと参加されました。

本当に暑い中お疲れ様でした。

d0106951_2132406.jpg
d0106951_2133235.jpg
d0106951_21333216.jpg
d0106951_21335239.jpg
d0106951_2134942.jpg


今回は「ベップ」のお話がありました、一緒に活動している仲間の皆様が良かったね~と涙を流してくださる

姿に仲間の存在が本当に有り難いと感じました。



又暑い中昨年に幸せを掴んだ「トモニ」ちゅんがパパとママと来てくださいました。

いつも私達と保護犬達にとお気遣いを頂きまして有難うございます、又最後にケージや犬達を車に乗せて下

さり本当に助かります、有難うございました。

トモちゃんの幸せ姿が何よりの励みです。

d0106951_21393112.jpg


又ペットシートやフードなど他団体様からのご支援も頂きました、保護しても中々ご縁が無いのでフードの消

費が激しく助かりました。

今回保護犬達に興味を持って頂いた方々もいまして、諦めずに頑張ろうと思いました。

暑い中お疲れ様でした。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-09-09 21:51
 町田犬猫合同譲渡会開催です。

時間は  AM]11時~PM2時迄
場所は 真心霊園第2駐車場

きずなからの参加犬は「ボーラ」 「さざえ」 

3ヶ月の子犬の「デップ」
d0106951_2234266.jpg


「クップ」
d0106951_2244179.jpg



「彩」 「かつお」 

新入りの「バンビ」

d0106951_227484.jpg


他にバンビの預かり様の保護犬と

飼い主放棄で引き取りましたチワワとシーズーも参加の予定です。

他にも沢山保護していますが車に乗せられません。

未だ残暑が厳しいかと思います、参加する犬達も頑張りますのでどうぞ会場に会いに来て頂きたいと思いま

す。


[PR]
by a-s-kizuna | 2012-09-07 22:14

昨日もセンターへ

28日に譲渡希望を出していた2頭の犬の引き取りにセンターへ行きました。

1頭の犬は私の隣町で捕獲されたとの事、「お手」 「お座り」 が出来てとても大人しい子です

ただ左後ろ足がびっこでした、歩くのには問題無いようです。

とにかくセンターでお世話をしておられる委託業者の方がとても良い子ですと褒められていた子です。

以前にも性格が良いからと引き出した犬が直ぐに希望が出まして素晴らしいご家族様にご縁があった事を

報告していたので、この子は性格は良いけど足が悪いから貰い手が無いかな?

と心配もして下さいました、車に乗せて最後までその犬を触って「良かったな~」と言っていました。


もう1頭の犬は5ヶ月位でしょうか、何方かが譲渡の希望をされていてワクチン接種して待って居た所、キャン

セルになってしまったそうです。

愛嬌が良く誰にでも尻尾を振りバンビの様に可愛い子です。

7月27日に捕獲され随分と長くセンターで過ごしてきたのだと思うと切ない思いになりましたが、これからは

預かり様にお世話になりながら新しい家族探しをして幸せを掴んで欲しいと思いました。

d0106951_11193194.jpg
d0106951_1119546.jpg
d0106951_11201338.jpg


いつも帰り道に思う事は センターの犬の引き出しを始めた頃の事です。

収容されている状態が過密で雑居房の中は汚れて、犬達も怯えて本当に酷い状態でした。

1日に与える食事の量が少なく犬同士の喧嘩も起き、子犬達も隅に震えていました。

この10年程で随分変わって来て動物達が落ち着いています。

それでも不幸な命は無くなりません、一人一人が終始育成で動物達を責任を持って飼育して欲しいです。
[PR]
by a-s-kizuna | 2012-09-05 11:35

8月28日にセンターへ

5月末に産まれたばかりの子犬5頭が我が家にいますので 伝染病の感染を恐れ暫くはセンターからの引き

出しを中止していました所  センターに収容されているキャバリアハーフと表示されている犬をレスキューし

たいと言うメールを頂きました。


センターの職員にその犬の状態を聞きましたら「性格は問題ない、大きさもキャバリアサイズです」と話して下

さいましたのできずなとして譲渡希望を出しました。

キャバリアサイズならば預かりのスタッフもいるのでメールを下さった方に預かりをお願いしないで大丈夫と

思い28日に引き取りに行ってきました。

職員の方が連れて来てくれた犬は普通の雑種の犬で大きさは12キロ位でしょうか。

確かにキャバリアの様に白い所に茶色の斑点

全く何処がキャバリアなのか考えてしまいました

だからと言ってワクチン接種して貰い1週間も迎えに来るのを待って居てくれたこのキャバリア風の雑種の犬

を戻す訳には行きませんので とにかく車に乗せました。

気になっている犬の状態を見る為に収容塔の中を見ましたら

雑居房の中でバンビの様な可愛い子犬が尻尾を振って前に出てきていました。

職員の方が「この犬は譲渡希望が出されていたのでワクチン接種を済ませて迎えを待って居たのにキャンセ

ルになってしまって」と話して下さいました。

その話を聞いたらとても置いてはこれ無くてその犬の譲渡をお願いしました。

そして気になる犬も希望出してきました。


いつも収容塔の中はとてもきれいに掃除されていて、収容された動物達はとても落ち着いて居ます。

それは毎日お世話をされている委託業者の方々が動物愛護の精神で1頭づつきちんとお世話をされているか

らだと思います。

たとえ明日にはお星さまになる命でも 粗末に扱う事無く最後までお世話をして下さっている事は訪れる私た

ちが良く解ります。

どんなにか辛い仕事をされている事でしょうか。


センターを後にする時ほんとうに遣りきれない気持ちになります。


28日に引き出した犬は「ケント」君

家の保護犬達と問題なくて ホッとしています。

d0106951_22242480.jpg
d0106951_22244928.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2012-09-01 22:24