殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

捨てられた子猫

今朝仕事で通り掛った道に子猫が1匹うずくまっているのを見つけました。

以前「ベスパ」を保護した場所でいつも通りながら猫が捨てられていたらどうしようーーーと

平常心ではいられない状態で通っていましたら、今朝捨てられていました。

猫風邪をひいて居る様で眼が明けて居られません、クシャミもでています。

取りあえず保護して一度家に連れて行きケージに隔離して又仕事へ行き、帰りには子猫用のミルクとフード

を買ってきて、先ずは保護犬、猫達の世話をしてやっと落ち着いて様子を見ました。

点眼をして抗生剤を飲ませて暫く様子を見る事にしました。

蚤取の櫛でとかしたら20匹以上もの蚤が取れてびっくり。

疲れたようでグッタリしていますが、フードは少しづつ食べてくれました。

母猫を探しているのでしょう、小さな手を一杯に広げてモミモミしている姿は可哀そうです。

数日様子を見て受診して、家族探しをして行きますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

d0106951_2248235.jpg


d0106951_22493129.jpg


d0106951_2250386.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2013-06-24 22:50

緑山 譲渡会報告

本日(23日)成犬譲渡会様の譲渡会に合流させて頂きました。

きずなからは8頭の保護犬が参加しました。

チップの預かり様が早くからテントを張って下さいまして有難うございました。

d0106951_2384527.jpg


緑が多く落ち着いた会場で保護犬達も散歩を楽しむ事が出来ました。

「たら」は埼玉の預かり様に移動しています、我が家に居る時よりとてもお利口になっている様子です。

d0106951_23101151.jpg


「ボーラ」
d0106951_2311778.jpg


今日は色々な方に散歩して頂きました。

「こはる」外に慣れてきて散歩も上手になりました

d0106951_2313483.jpg


「チャコ」「ホップ」「クップ」「チップ」「かつお」も皆頑張りました。


嬉しい事に卒業犬の「大河」君が来てくださりビックリ。

セラピードッグとしてボランティアで活動している大河君、とても躾ができていて羨ましいかぎりです。

d0106951_23173539.jpg


立派な姿にただただ嬉しい思いです。

お心使い頂きまして有難うございました。

又保護犬達に蚊取り線香やハーブをもってきてくださいましたK様有難うございました。

お昼の用意をして下さいました「チップ」と「たら」の預かり様いつも有難うございます。

成犬譲渡会の譲渡会に合流させて頂きました事感謝いたします、いつも皆様に助けられて活動できます事

有り難いと思います。
[PR]
by a-s-kizuna | 2013-06-23 23:29
毎月第4日曜日は春日部にて譲渡会を開催してきましたが、 これからの厚さ対策の為23日は横浜市

青葉区で開催しています譲渡会に合流させていただく事にいたしました。

そして7月と8月は茨城のワン達の譲渡会参加はお休みとさせていただきます。

会場までの搬送は保護犬にとりましてはかなり厳しい状態と考えます。

どうぞ緑山霊園「合掌の杜」にての譲渡会に足を運んで頂けますようお願い致します。

きずなからの参加犬は「ボーラ」 「ルップ」 「ホップ」 「かつお」 「チップ」 「チャコ」 「たら」 「こはる」

の8頭の予定です。
[PR]
by a-s-kizuna | 2013-06-22 20:50
22年12月6日 ゴルフ場に居ついていたが誰も引き取れない為にセンターに通報され捕獲された犬で

未だ3ヶ月程の子犬でした。

その当時「倫」の他に子犬2頭引出しその子犬達と仲良く遊んで大きくなりました、他の2頭は既にご縁が

有りましたが「倫」の性格上落ち着いた頃に必ずご縁が有ると信じてのんびりと過ごさせました。

お陰様で「倫」に相応しいご家族様があらわました、お届けした時も不安は感じませんでした。

トライアルの間の様子、(一日3-4回散歩しています、時には家族全員で行く時もあります、誰かが遅れると

立ち止まって待ってくれるようになりました。)などきちんと報告頂いて安心いたしました。

庭が一回り出来て外が大好きな「倫」にとっては大喜びでしょう。

長い間保護っ子として他の仲間たちと良く遊びながらも随分我慢してきたと思います。

これからは御家族の愛情を独り占め出来ます、頑張って来て良かったと褒めてあげたいです。

d0106951_22161943.jpg
d0106951_2216543.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2013-06-20 22:17

4日に引き出した犬

6月4日にセンターから来た子「菜のは」は腰の辺りが擦り傷なのかかなり毛が抜けていて、傷がやっと塞が

って来た状態でした。

この様な状態なのでセンター側もワクチンを打てないと言われましたがこちらでゆっくり状態を見ながらやって

行こうと思い引き出しました。

シャンプーをするのも未だ痛々しそうでしたから、ノミ、ダニなどの駆虫薬を塗布して落ち着いてきたので洗え

ましたが大騒ぎです。

歯を当てると様な事は全く有りません、ただただ怖いのでしょう逃げ回って私に抱き付いたまま洗ったので、

結局私もずぶ濡れ。

それでも気持ちが良かった様でした、皮膚の赤みが取れてきれいになりました。

d0106951_8412568.jpg


未だ幼く歯も抜け替わったばかりでしょう、6か月位だと思います、身体は小さくて多分7-8キロ。

ある日気が付くとお腹が大きく、妊娠していたらどうしようと

獣医様に取りあえず見に来ていただきましたが、多分食べ過ぎだろうと、フードの袋をかじって盗み食いを

していました。

悪戯が有るのは当たり前です、洗剤の箱を破って辺りが真っ白になっていたり、色々な物をかじって壊して

ます。

でもとても大人しくて未だにワンと言った事は有りません、辰が大好きで喜んで一緒に居ますが若い犬達が

近寄るとイヤダーーと言いながらも尻尾を振っています。

人の手が怖い様でしたが毎日毎日「菜のは」と呼んでおやつを挙げて頭までは撫でさせてくれるようになりま

した。


d0106951_95946.jpg

[PR]
by a-s-kizuna | 2013-06-19 09:05

譲渡会場の変更

毎月第4日曜日は春日部市にて譲渡会を開催してまいりましたが、6月の23日はNPO成犬譲渡会様の

譲渡会に合流させて頂く事になりました。

場所は 横浜市青葉区奈良町2035-1

     緑山霊園「合掌の杜」 パーキング

時間は 午前12時~15時までとなります。

参加予定の犬は又後日お伝えさせていただきます。
[PR]
by a-s-kizuna | 2013-06-17 22:49
6月13日 土浦市にあります合同庁舎にて推進員と譲渡団体との意見交換会が開催されました。

20名の推進員の方がそれぞれに地元での活動の大変さをお話下さいました。

特に鹿行地域の方のご苦労は並大抵ではないと改めて感じました。

以前推進員の方に案内して頂た時の事が目に浮かびました。

神栖の海辺で餌を求めて放浪している犬の群れを見て、何とも言えず涙が出てきたのです。

野良犬が横行している町としてテレビに放映された事で県側は一斉に野良犬を捕獲しました、暫くは

鹿行地域からの捕獲数は減りましたが、又近頃元に戻りつつあるようです。

これは不妊手術をしないで放し飼いをしていればおのずと放浪する犬が増えるのは当たり前でしょう。

幾ら飼い主に犬の飼育方法を伝えても改善して貰えない状態だそうです。

私も推進員制度が導入される前になりますが茨城で活動されているボランティア様達と仔犬を産ませた

お宅を訪問して不妊手術をお願いしました、もちろん子犬は引き取り家族探しを行うのでかなりの労力が

掛かる訳です。

有るお宅は雌犬を3頭外で飼っていて子犬が毎年産まれてしまい、産まれては近くの神社の露天商に

渡していたのです、不妊手術の話をするにも拗れては取り返しがつかない為に指導センターの課長に

同行して頂く様にお願いして無事に3頭の親犬の手術が出来ました。

本当に草の根の地道な活動で、何の権限も無い人間が飼い主に不妊手術の話をしても聞いて貰える

訳は無いのです、その様な時に指導センターの職員の方の力が必要です。

県全部を笠間にある指導センターの職員が業務するのですから、手が回らないのは良く解りますが

啓発活動の後ろ盾を是非お願いしたいと思います。


又県内で開催している犬猫の譲渡会を主催されている方々のお話もお聞きしました。

譲渡に当たり各団体様の条件は違居ますが基本の不妊手術に関しては100パーセント実施して行かないと

不幸な命を作るだけです。

やはり以前の事ですが他の団体が譲渡した件で相談を貰いました。

譲渡会場で子猫を渡した後他のボランティアさんが連絡をしても連絡が取れない、一緒に見に行って欲しい

との事で行きました、住所はアパートで夜まで待っていても明かりが着かず連絡が取れない状態。

仔犬を希望したお宅へ届けたボランティアが何のチェックをしないで渡してきた様子、その後他のボランティア

の方が電話をしたら外に繋いで居る様で何とか話をして引き取って欲しいと言う

遠路埼玉からその家を訪ねたら太い鎖で子犬が繋がれてフードは大人の物を器に沢山盛ってあり、近くには

下痢便がしてありまあした、又すぐ近くに古い犬小屋が有り年老いた犬が無気力で繋がれていました。

勿論お話をして子犬は引き取りましたが、初めに届けたボランティアの方はこの様な条件のお宅にも譲渡して

来たのでしょうか。

ボランティアですからその方のお考えは様々でどの活動が良いか悪いかは言う事は出来ませんが、動物達

を助けたいとの気持ちで活動されているはずです、どうぞその気持ちを大切に活動して頂きたいと思います。

今回の交換会は今後どの様にして行けば茨城県の汚名を返上出来るのかと言う事には結びつく内容では

有りませんでした、ただ昔活動してきた事を思い出され変わらない県だと痛感しました。
[PR]
by a-s-kizuna | 2013-06-16 05:35
6月13日 土浦市にあります合同庁舎にて推進員と譲渡団体との意見交換会が開催されました。

20名の推進員の方がそれぞれに地元での活動の大変さをお話下さいました。

特に鹿行地域の方のご苦労は並大抵ではないと改めて感じました。

以前推進員の方に案内して頂た時の事が目に浮かびました。

神栖の海辺で餌を求めて放浪している犬の群れを見て、何とも言えず涙が出てきたのです。

野良犬が横行している町としてテレビに放映された事で県側は一斉に野良犬を捕獲しました、暫くは

鹿行地域からの捕獲数は減りましたが、又近頃元に戻りつつあるようです。

これは不妊手術をしないで放し飼いをしていればおのずと放浪する犬が増えるのは当たり前でしょう。

幾ら飼い主に犬の飼育方法を伝えても改善して貰えない状態だそうです。

私も推進員制度が導入される前になりますが茨城で活動されているボランティア様達と仔犬を産ませた

お宅を訪問して不妊手術をお願いしました、もちろん子犬は引き取り家族探しを行うのでかなりの労力が

掛かる訳です。

有るお宅は雌犬を3頭外で飼っていて子犬が毎年産まれてしまい、産まれては近くの神社の露天商に

渡していたのです、不妊手術の話をするにも拗れては取り返しがつかない為に指導センターの課長に

同行して頂く様にお願いして無事に3頭の親犬の手術が出来ました。

本当に草の根の地道な活動で、何の権限も無い人間が飼い主に不妊手術の話をしても聞いて貰える

訳は無いのです、その様な時に指導センターの職員の方の力が必要です。

県全部を笠間にある指導センターの職員が業務するのですから、手が回らないのは良く解りますが

啓発活動の後ろ盾を是非お願いしたいと思います。


又県内で開催している犬猫の譲渡会を主催されている方々のお話もお聞きしました。

譲渡に当たり各団体様の条件は違いますが基本の不妊手術に関しては100パーセント実施して行かないと

不幸な命を作るだけです。

やはり以前の事ですが他の団体が譲渡した件で相談を貰いました。

譲渡会場で子猫を渡した後他のボランティアさんが連絡をしても連絡が取れない、一緒に見に行って欲しい

との事で行きました、住所はアパートで夜まで待っていても明かりが着かず連絡が取れない状態。

仔犬を希望したお宅へ届けたボランティアが何のチェックをしないで渡してきた様子、その後他のボランティア

の方が電話をしたら外に繋いで居る様で何とか話をして引き取って欲しいと言う

遠路埼玉からその家を訪ねたら太い鎖で子犬が繋がれてフードは大人の物を器に沢山盛ってあり、近くには

下痢便がしてありました、又すぐ近くに古い犬小屋が有り年老いた犬が無気力で繋がれていました。

勿論お話をして子犬は引き取りましたが、初めに届けたボランティアの方はこの様な条件のお宅にも譲渡して

来たのです。

ボランティアですからその方のお考えは様々でどの活動が良いか悪いかは言う事は出来ませんが、動物達

を助けたいとの気持ちで活動されているはずです、どうぞその気持ちを大切に活動して頂きたいと思います。

今回の交換会は今後どの様にして行けば茨城県の汚名を返上出来るのかと言う事には結びつく内容では

有りませんでした、ただ昔活動してきた事を思い出され変わらない県だと痛感しました。
[PR]
by a-s-kizuna | 2013-06-16 05:35

慣れない犬ーーー

某テレビ局より番組に協力をお願いしたいとのメールを頂きました。

メールの内容から直接電話をさせて頂きましたが、何故か此方の気持ちが通じないようでした。

人馴れしない子犬を約1年ほど飼育して来たが未だに慣れない状態、どの様にして行ったら良いか

この様なケースを経験して来られたらアドバイスを頂きたいと言う内容でした。



今までも人間から様々な心無い仕打ちを受けて人間を信じない動物達に接してきました。

それでも人として真剣にその子の気持ちを受け入れ共に生きて行こうと努力して行けば必ず心を開いて

くれます。

きずなの保護犬の「武蔵」は幼い時に飼い主の不注意で下半身不随になり、噛む犬となりました。

「マナ」は前足を切断されてセンターに収容されました。

「葵」は幼い時に母犬と放浪して捕獲され、母犬が処分される最後の声を聴きました。

どの子も辛い過去を引きずりながらも心を開いてくれるようになったのは、共に泣きながら心を通わせようと

努力してきたからだと思います。

人に慣れない犬には人が真剣に接して行けば必ず慣れると思います。

ただテレビ番組の中での綺麗事では心は開いてくれないでしょう。
[PR]
by a-s-kizuna | 2013-06-12 23:36
譲渡会無事に終了しました。

いつもテントやシート等用意して頂いているチップの預かり様朝早くから本当に有り難いです。

家で留守番をしてくれる保護犬や猫の世話でスタートが遅くなってしまい、会場に着く時間がいつも遅刻を

して申し訳ないと思っています。

今回は若犬兄弟2頭参加させました、家を長い間開けると何を仕出かすか解らない元気な兄弟犬ですから

連れて来るしかない訳です。

身体が大きいので扱いも大変ですが家を壊して庭の柵も壊して出て行かれる事の方がどれほど大変な事

でしょうか。

暑い中参加の子達は頑張ってくれました。


d0106951_4385086.jpg


今回お話を頂きました「倫」がトライアルになります、きずなの子として長い間過ごして来た子ですが1頭で

家庭犬としてご家族に愛されての生活をして欲しいと願います。

そんな幸せを掴んだ卒業犬が遊びに来てくださいました。

「ぐり」ちゃんです! 遠路埼玉から来て下さりビックリしました。

d0106951_4482645.jpg


指導センターに収容されて居た時とにかく性格が良い子ですと褒めて頂いた「ぐり」ちゃん。


「カイ」君です。

d0106951_4514537.jpg


かなり身体がしっかりして大きくなりました。


「ロゼ」ちゃん

d0106951_4533260.jpg


ロゼちゃんのママは大変です、ロゼちゃんと子供さんを交代で抱っこしてました。

皆幸せになって有り難いです。

会場にてご支援頂きましてありがとうございました後日報告させていただきます

又大きな荷物を抱えて駆けつけて下さいましたK様暑い中有難うございました。

日々活動している私達に取りまして必要な物ばかりで助かりました。


お知らせです

7月の町田にての譲渡会にはきずなは参加致しません「チップ」だけの参加となります。

暑い中皆様本当にお疲れ様でした。
[PR]
by a-s-kizuna | 2013-06-11 05:05