殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

《盲導犬を傷つける卑劣な行為を受けての緊急声明》が発表されました。

盲導犬のユーザーである、知人のセア マリ様より拡散の依頼メールが届きました。


人が大好き 人を信じる盲導犬に対して、
 悲しい事件が起こりました。
下記に貼り付けします、声明文の3にも書かれていますように
私はこの事件の一部報道の間違った言葉により、盲導犬への誤解が生じることを心配
しています。
人間大好きお仕事大好きなフリルをよくご存知の皆様、
 周りの方へもどうかこの声明文の拡散お願いいたします。
 また、私は、盲導犬だけでなく、命ある全ての生き物を思いやることを望む活動を
しています。


盲導犬を傷つける卑劣な行為を受けての緊急声明
全日本盲導犬使用者の会

今回明らかになりました、誘導中の盲導犬を傷つける卑劣な行為を知り、私たちユー
ザーは強い怒りと恐怖に震える思いでいっぱいです。
被害を受けた盲導犬の傷が1日も早く回復し、また、被害者ユーザーの方の心の傷が
少しでも小さくなり、パートナーと共に再び穏やかに歩んでいただけることを、心か
ら願うしだいです。
このようなできごとが二度と起こらない社会をめざすためにも、私たちは次のような
ことを望みます。

1.再発防止対策の検討
このような卑劣な行為を行った加害者が今もどこかにいると思うことは、社会的弱者
の外出にとっての大きな脅威です。
盲導犬やユーザーが暴力的行為を受けたり、いたずらをされるケースは少なくありま
せん。
そうした行為の抑止のためにも、今回の加害者が1日も早く検挙され、しかるべき処
分を受けることを心から願うとともに、再発防止対策の検討を願います。

2.補助犬を傷つける行為への罰則の検討
現状の刑法における「器物損壊」と言う言葉で、私たちのからだの一部とも言える盲
導犬が1つの「物」として扱われてしまうことに、やり場のない思いを感じています

盲導犬を傷つける行為は、共に歩く視覚障害者を傷つけるのと同じことです。
「動物の愛護及び管理に関する法律第44条」の厳格な適用を求めるとともに、刑法
における人間に対する傷害罪の適応や、身体障害者補助犬法により明確な厳しい罰則
を設けるなどを含め、補助犬を傷つける行為に対する厳罰の法制化の検討を望みます


3.国民に正しい理解・啓発を
一部報道において、「盲導犬は何があっても声をあげないように訓練されている」と
言う論調がなされています。
これを受けて、多くのユーザーが街中で「抑圧されて働かされる盲導犬はかわいそう
」と言う厳しい言葉を浴びせられています。
実際にはそのような訓練は現在行われていません。
もしもそのような訓練がなされているとするならばそれは虐待と捕らえられてもいた
しかたないことです。
盲導犬は生まれたその時から多くのボランティアや関係者・そしてその生涯の大半を
友に過ごす私たちユーザーから精一杯の愛情と良質な飼育環境を与えられ、人間を1
00パーセント信頼して生きています。
だからこそ彼らは攻撃的行動に出たり、むやみに声をあげる必要はないのです。
彼らは抑制されることにより声をあげないのではなく、人間を信頼しているからこそ
声をあげないのです。
今回の犯罪は、こんなに純粋に人を信頼してくれている盲導犬を裏切る卑劣な行為な
のです。
盲導犬が訓練によってがまんを強要されて働かされているような誤解を生むことを、
私たちは望みません。
伝えるべきは、「傷つけられても声もあげずけなげに働く盲導犬の姿」ではなく、「
十分に身を守る術を持たぬ障害者と、そのパートナーを襲う卑劣な加害者の姿」では
ないでしょうか?

4.思いやりを持って見守りを
悲しいことに、こうして卑劣な犯罪が報道された後に、模倣犯・愉快犯の出現するケ
ースが見受けられます。私たちにとってこれは何よりの脅威です。
私たち盲導犬ユーザーをはじめとしたこども・高齢者・障害者などの社会的弱者が犯
罪被害や町の中に潜む危険から守られるためには、周囲の方々の温かな見守りの目が
最も重要になると思います。
今回の事件の報道をきっかけに、日常生活の中で目にする社会的弱者の皆さんに対す
る思いやりある暖かなたくさんの見守りの目が広がり、緊急時に速やかに助けの手が
差し伸べられる社会になって行くことこそが、犯罪をなくし、安心して生活できるた
めの環境づくりに重要な要素となると思います。
全ての人々の思いやりある心の絆で、安心・安全で平和な日本を作って行きましょう

[PR]
by a-s-kizuna | 2014-08-30 20:40

9月の予定

9月の譲渡会開催のお知らせ


9月7日(日曜日)  庄和総合公園にて譲渡会開催予定

             午前11時~午後2時

             今回初めての会場となります、詳しくは2日に現地で役所の方と打ち合わせを

             行いますので、後日報告させて頂きます。



9月14日(日曜日) 緑山霊園譲渡会に参加させて頂きます。

             
d0106951_1317625.png
 


             NPO法人 保健所の成犬猫の譲渡を推進する会 様主催の譲渡会に参加予定

             していますが、連休となる為茨城からの犬達は高速渋滞の為不参加です。

             参加可能な埼玉と東京の保護犬達のみの参加です。

             又詳しくは近くなりましたらお伝え致します。

  

             
[PR]
by a-s-kizuna | 2014-08-27 13:21

産経新聞ニュースより

現在日本国内では狂犬病は長い間発症していませんが、この産経新聞ニュースを見て非常に不安に

なりました。

8月12日  産経新聞ニュース


狂犬病予防法では犬のみが対象となっていますが、哺乳類に感染するため万が一ウイルスが入ってきたら

どの様に防ぐのでしょうかーーー

今報道番組を通じてエボラ出血熱の恐ろしさを感じてこの産経ニュースと重なって不安を覚えてしまいました
[PR]
by a-s-kizuna | 2014-08-12 20:24

毎週末には見守りです。

茨城の大自然に囲まれた農家のお宅へ毎週末犬のフードとおやつを持って行きます。

この静かな森の中に黒い犬が居ます、この犬は何度も子犬を産んではこの飼い主が捨ててきました。

23年と24年に産まれた子犬達は此方で引き取り、皆素晴らしいご家族様の元へと巣立ちました。

飼い主と話し合い不妊手術をして行こうと前向きな話になっていたのですが、息子さんが東京から帰って

来て この犬の手術はしない!と強く反対されてしまいました。

仕方が無く私は毎週末フードを持って行きながら様子を見る事にして、あれからそろそろ1年半以上経った

訳です。

初めはかなり痩せていて、私にも威嚇して吠えていましたが、今では私の車が解り、遠くから尻尾をクルクル

させて走って来てくれる様になりました。

今日も確認しましたが 太っては来ていますがお腹は大きくない、飼い主もこの犬は歳だから産めないよ、と

言うのですが やはり心配です。


こんな草木が生い茂った中に飼い主が野草を採る為に入り込み、この黒い犬も一緒に入り込んでいました

d0106951_19411475.jpg


身体中に蚊がブンブンたかっていても、嬉しそうに飼い主を守っています。

d0106951_19414957.jpg



もう暗くなるし雨が降るから帰りましょう、と声を掛けて飼い主のお婆さんを私の車に乗せて家に運びました

黒い犬は得意そうにして車の前を走っています、この姿を思うと 「 幸せって 」 なんだろうか?

黒にとってはこんな日常が幸せと感じられるのかも知れない。

今の時代の生き方とはかけ離れているけれど、飼い主と同じ様に自然に生きている。

私が出来る事は黒を見守り続けて行くしかないと思うのです。
[PR]
by a-s-kizuna | 2014-08-09 19:50

放棄の小型犬

先日放浪していた犬を警察に届け出をしていて1ヶ月経ちますが情報は入って来ません。

茨城県動物指導センター情報で一般の方が放浪している犬を保護して要る数もかなり多いですが

小型犬の多さには驚きます。

シーズー、プードル、チワワなどが放浪しているのです。

ペットショップやブリーダーから安易に購入して、飼えない事情が出て放棄してしまう、動物愛護法も

ペット産業には遠い話となる現実です。

日頃お世話になっています、東京都の団体様のブログを拝見いたしまして、茨城で飼育放棄のシーズー君の

情報を皆様にもお伝えさせて頂きたいと思い添付させて頂きます。


飼い主放棄のシーズー君
飼い主の都合で散歩も行かれず1日お留守番の状況になり、
さらにペット不可のところで飼われていたため声帯手術までされています。
今回見つかってしまい手放さなければならに状況です。
これもこの子には何も罪はありません。飼い主の事情により新しい家族を探すことになりました。

この子を可愛がってくださる方、または一時保護していただける方を緊急で探しています。
年齢2歳半、体重6キロ。去勢、ワクチンなどのケアーはしています。

d0106951_107910.jpg


預かり申込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7ef384ea290112

飼い主申込みフォーム
http://npo.seiken-joto.org/page/satooya-form.html


[2014/08/06 18:00] | 緊急:お願い&飼い主募集&預かり募集
[PR]
by a-s-kizuna | 2014-08-07 10:08
お知らせです

8月は譲渡会の開催は有りません。

9月から又開催予定していますが、近くになりましたらお知らせいたします。
[PR]
by a-s-kizuna | 2014-08-01 20:20