殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

毎月11日はイオンのイエローキャンペーンの日です。

8月はレシートの投函日が3日間有りました、この間にきずなの箱に投函して頂けました皆様に

お礼を申し上げます、有難うございました。

又いつもS様にはご足労頂いてます、このことにも感謝申し上げます、お疲れ様でした。
[PR]
by a-s-kizuna | 2015-08-18 22:07

NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会 様のブログを添付させて頂きました。

世界が動き出しています

いつも最新の情報を掲載してくださっています「ももこひめ」様のブログを拝見し、
日本の片隅から微力ながら「中国の犬肉祭り」廃止に対し
日々頭を抱えている私にはこの情報を頂き本当に心強く思いました。
やっと世界中からこの犬を食べるという食文化事態を
現在の世の中では非人道的行為として禁止する動きになってきました。

2019年に中国で「ワールドドッグショー」が開催予定になった。
しかし欧米各国から残酷な犬肉祭りを行っている国で
ドッグショーを開催することに反対の声が上がっているとのこと。
開催するなら「玉林市の犬肉祭り」を廃止するようにと国際畜犬連盟「FCI」が訴えている。
各国のケンネルクラブが非人道極まりない、
この「犬肉を食べる」祭りを非難し犬を食べるという習慣自体を禁止するよう訴えているそうです。

長い間苦しませられてきた中国の犬猫達。
このようなドッグショーが開催され犬は
人間と切っても切れない信頼関係にあることを知ってもらう良い機会かもしれませんが
「ペットの犬」と「食べる犬」は別だと言っている中国の国民には意味のない事かもしれませんね。
多くの飼い犬猫までが盗まれ虐殺されている場所で
犬達が競い合うドッグショーの開催は確かに矛盾しています。
いつの日か食べられるために殺される犬猫がいなくなる世の中が来ることを願いながら
私たちが出来ることをコツコツと行っていきたいと思います。

詳細は「ももこひめ」様のブログをお読みください。
辛い写真は出てきません。
http://ameblo.jp/momokohime7/entry-12052042511.html

当会が送りました皆様からの写真と要望書が
玉林市市長、中国政府に届いていることを願っています。




是非この様な行為が禁止となる事を願います。

世界では未だ様々な形で動物達の命が絶たれていますが、ネパールでは25万頭の動物の首をはねると言

うガディマイ祭りが国際的な圧力が掛かり禁止となったと報道でしりました。

世の中全体でこの様な行為に目を向けて欲しい、次の世代の子供たちに人間として誇れるものを残して行く

べきだと思います。

慈愛の連鎖が広まって行く事を望みます。
[PR]
by a-s-kizuna | 2015-08-02 20:53