殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい


by a-s-kizuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

3月末のミーティング

3月31日にスタッフとミーティグをしました。
仕事の後でしたので夜8時から
HPの管理をしているスタッフの希望や意見を話し合ったり、活動の内容を伝え
たり、まだまだ未熟な私達ですが、焦らず活動して行きたいと思います。
3月の会計報告も載せました、今迄全て個人負担でしたので、ご寄付を頂いたり
活動費を頂いての活動は本当に有りがたく感謝いたします。

保護をしているMダックスのタクヤとコーギーのピノを動物病院へ連れて行きま
した。
2匹共フィラリア検査、血液検査、体重測定、等してきましたので、里親希望に
結果を追加して掲載します。
未だ保護している子に対して検査、手術が出来ていない子達もいますが、成る可
く早くにしてあげたいと思っています。

                           

4月から定点の場所が変わったと思いますので、茨城県の動物指導センターに確
認の連絡をして、又啓蒙活動にいってきます。
                           きずな  渡辺
[PR]
# by a-s-kizuna | 2007-04-02 16:48

夜中まで

毎日があっと言う間に過ぎていきます

会長の渡辺は昨日も仕事と保護動物達の世話をした後
夜半にお届けがあり真夜中まで活動がありました

今当会より何頭もの里親募集をかけています
沢山のご希望を頂いておりとても嬉しい反面
お名前すら書いて下さらずただ「引き取りたいで〜す」なんて
メールも多々あり・・・・
正直困惑しております

今までにも色んな方がいらっしゃいました
こちらのお願いを一切無視し
「棄てられたのを貰ってやるって言ってやってるのに!」

お怒りのお言葉を頂いた事もありました

こちらは心に大きな傷を持った命を託すわけですから
この子達の全てを受け入れて育てて欲しいのです。

私達が正しいとは言いません
けれど、もう少し真剣に考えて頂いてからご希望頂きたいです

おもちゃでも
ただの「モノ」でもなく
命が絡んでいるのですから。。。。

                  
                     きずな  スタッフ安部
[PR]
# by a-s-kizuna | 2007-03-30 17:37

昨日の定点は

朝9時に家を出て下妻市へ、かなり早く着きました。
定点車が来るのを待ち、11時10分から30分の間持ち込みの方をまっていました。
今日はゼロです、ホッとしました。
次の場所は常総市(旧石下町)に移動です。
そこでも20分
すでに成犬2匹が持ち込まれていました。
飼い主が里親募集で貰ってきた2匹の兄弟犬でした。
飼い主は事情が有り連絡取れず、置いて行かれた2匹の犬を捨てる事も出来ず、吠えて家にも置けないと、代理の方が切なそうに連れてきていました。
代理の方が悪い訳では有りません、本当に切なそうでした、私も助けて挙げたくても吠える犬に育っていると助けられません。
遣りきれない気持ちで笠間の指導センターへ戻りました。

先日センターから8匹の放棄犬の事で相談され、今日はその犬達を連れて帰る事にしていました。
3匹はセンター側で譲渡きまりましたから、5頭を引き受けました。
黒ラブ、柴犬、コーギー、ダックス2頭、それと雑種の子犬2頭です。
雑種の子犬2頭は今日助けられなかった2匹の犬の償いです。
軽自動車に何とか載せました、途中でスタッフの方に柴とコーギーを預かって貰い、家に着いたのが9時半。
家の子達は散歩出来ずに可愛そうでした、ごめんね〜、我慢してね〜
今日放棄された子は明日の朝には居ないんです、沢山の犠牲の中で私達は生きて居るんです。
家の子達には我慢させたけど許して貰いたい。
今日は大変な中、預かりをして下さったスタッフの方に感謝です。
心優しい里親さんに巡り会える様に頑張ります。

                           きずな   渡辺     
[PR]
# by a-s-kizuna | 2007-03-20 00:03

今日は下妻市と常総市へ

一日があっと言う間に過ぎてしまいます。
16日の金曜日は仕事や保護している子達のお世話を終わらせてから、譲渡が決まった犬と猫の誓約に行ってきました。
埼玉から板橋区ー新宿区へ
帰りは12時近くになりましたが、それぞれに幸せな姿を見せて頂き疲れは有りません。
犬や猫を飼いたいとの連絡を頂き 御家族の状態やお考えをお聞きして、今保護している中で その御家族のご希望に会う犬や猫を選んで連れて行きます。
暫くのトライアル期間をもうけて、御家族との相性が良ければ譲渡になります。
譲渡の時は又誓約に伺います。
たとえ一匹でも大切な命ですから、時間を惜しまずに動いて行きたいと思っています。

今日は茨城県の下妻市と常総市(旧石下町)の定時定点に行きます。
茨城県は不要になった犬 猫を一定の場所と時間を決めて引き取りに行く業務をしています。
それを定時定点 と呼んでいます。
子犬 子猫を持ち込んで来る人達に、親犬の不妊手術の説明をしてきますが、どれだけの方が話を聞いてくれる事でしょうかーー
切ないのは 今迄育ててきて飼えなくなった成犬 成猫の放棄です。
その人達へ なんと言ったら良いのでしょうかーー                     

                          きずな     渡辺
[PR]
# by a-s-kizuna | 2007-03-19 06:18

動物病院へ

3月9日に引き出したダックス、名前を『タクヤ』にしました。
保護してから、先ず下痢をしていないか?
ご飯を食べているか?
一番心配になる事です、汚れているのは仕方が有りません、暫くは体調の事を考えるとシャンプー等後回しです。
今日 夜に動物病院へ行きました、体重は約4キロ 痩せています。
検便をしましたが 虫はいませんでした。
耳ダニはいました、心臓もヨックリだけど問題無い、眼も奇麗。
診察の間死んだ様になっていました、人間を信じていないのでしょうね〜
切ない子です。

タクヤ君を優しく深い愛情で育てて下さる方が現れる迄、頑張って育てて行きます。
人間から受けた傷は、人間から取り戻して欲しい。
今迄にも心を閉ざした犬を保護してきました、でも理解有る里親さんに貰われた子もいますから諦めずに頑張って里親探します。
       
                       きずな    渡辺
[PR]
# by a-s-kizuna | 2007-03-15 22:08

行政側と一緒に

昨日の午後、茨城県動物指導センターから連絡が有りました。
純粋種の犬8頭が放棄でセンターに収容されましたが、何とか里親を探せないでしょうか?との相談でした。
何とかして助けて行きたいとの思いで、何時も助けて頂いている『NPO保健所の成犬,猫の譲渡を推進する会』に連絡しました。
直ぐに2頭の引き受けのお返事を頂きました。
静岡の知人にも連絡して、大型犬1頭なら出来そうですとのお返事。
会のスタッフも子犬を押し付けられて大変な所小型犬1頭、預かりますと云ってくれました。
センターの職員も他の登録ボランティアの会にも声をかけて、出来れば処分したく無いと言う気持ちで動いています。
茨城県も変わろうとしているんだな〜っとおもいました。
一人一人の意識で少しずつ変わって行きます。
始めから諦めてしまったら、何も良い結果が出ません。
今回このような形で行政側とボランティ側で動いて行く事が出来たことは、とても素晴らしい事だと思いました。
ただし、放棄する人間はこれからも後を立たないでしょうねーー
今回の動物愛護管理法は動物を取り扱う行者の立場に有利な法律になっていますから。
未だ預かり先の決まっていない犬をどうにかして保護しなければなりませんので、溜め息等ついてはいられません。

先日引き取ったダックスは何だか元気が有りません、声帯切られている様です。
虐待を受けていた可能性も有ります。
保護した動物の過去が解った時に、切なくて愛おしくて複雑な思いになります。
                        

                        きずな   渡辺
[PR]
# by a-s-kizuna | 2007-03-14 21:58

モラルの低下

3月5日の読売新聞のトップに (高速道SAごみの山)家電、家具、ペットの死骸。
と言う記事をみました、本当に嘆かわしい事です。
今迄の飼い方も 物として飼っていたのか、亡がらを簡単に捨てる人間の心が解りません。
自分さえ良ければ良いのでしょう、多くのボランティアはそんな人達の犠牲になった犬 猫を助けています

ブームで簡単にお金を出せば手に入る純粋犬、猫の処分が多いです。
今日もセンターからダックス引き出します、私は16歳の老犬が痴呆出て来て長く家を開けられないので、地元のスタッフの方に取りに行って貰います。
スタッフの皆さんも沢山の課題を抱えながらも頑張って活動して下さり感謝です。

                      きずな  渡辺
[PR]
# by a-s-kizuna | 2007-03-09 06:29
昨日は春の嵐の中を良く走りました。

茨城県動物指導センターは笠間に有ります、笠間迄は常磐自動車道に乗って行き

ます。

センターで犬2匹を引き取り、今度は笠間から又常磐自動車道に乗って外環自動

車道へ、首都高速が渋滞なので環八を使い又東名自動車道に乗って、横浜青葉迄

今回の2匹の犬は『NPO保健所に犬、猫の譲渡を推進する会』の依頼のお届けで

す。

お渡ししてから帰り道は、東名自動車道から首都高を使い外環へ、良く走りまし

たが、何時もこんな活動です。

助かる道が有れば何とか工夫して助けて行きたい、ボランティアは皆そう言う思

いで活動しています。

私には昔公園に捨てられていた子犬を助ける事が出来なかった辛い思い出がいつ

迄も頭に焼き付いています。

なんで助けなかったのかと 悔やんでもどうにも取り返しがつきません。

そんな思いで生きて行くより、大変だけど助ける辛さの方が楽です。

それでも センターから助けられる数は極僅かですが。
[PR]
# by a-s-kizuna | 2007-03-06 07:26
2月26日に茨城県動物指導センターに、東京都の愛護団体の『NPO 保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会』の方々と訪問して来きました。
私はセンターの中には何回も入って居ますが、何度入っても言い表せない胸の痛みを感じます。

茨城県の動物を飼っている人達の意識をどうしたら向上出来るのか、愛護課の方達とお話しさせて頂きました。

望まれずに産まれて来る子犬、子猫の数を減らす為には、親犬の避妊手術しか有りません、その事を県民の方々に知って頂く様に、定時点定に持ち込んで来た飼い主に一人一人お話しさせて頂き、避妊手術をお願いして行く事しか有りません。

今迄東京都や神奈川県の殺処分数を削減して来た愛護団体の方々の地道な活動を手本にして、今後は茨城の県民の方々に啓蒙して行こうと思っています。

遠い道のりですーーでもこの道の彼方に必ず明るい光が有る事を信じて一歩一歩歩いて行きたいと思います。

他県の、遠い所の収容された動物に迄、心痛めて足を運んで下さった『NPO 保健所の成犬、猫の譲渡を推進する会』の方々に本当に感謝です。


                   きずな  渡辺
[PR]
# by a-s-kizuna | 2007-02-27 23:13

二匹 引き出しました。

環境省は、飼い主が定まらない犬猫が収容された場合、新しく飼い主を捜すデーターサイトを公表しています。
茨城県もそのデーターサイトで収容された動物を公表して、登録したボランティア団体や個人に譲渡しています。
今日譲渡願いを出していた犬を引き取りに行って来ました。
秋田犬の雌と柴雑の雄です、今迄どんな飼われ方をされたのか、解りません。
私達は基本的に室内飼育です、秋田の犬は家に入るのが怖い様子、しかも発情中、肛門に何か出来物がーー
柴の犬は疲れたのか大人しくドライフードを食べ毛布に寝ています。
これから一週間が勝負です!
病気クリアーしたら里親募集の画像、可愛く撮ります。
[PR]
# by a-s-kizuna | 2007-02-24 00:10