人気ブログランキング |

仔猫の家族探し

d0106951_2185737.jpg


預かりのボランティア様からSOSです。

  「6月の始めにやっと目が開いたばかりの仔猫を保護しました。

   3ヶ月ほどになる茶虎の雄2匹です。

   グル君は2キロ、グレ君は2,2キロ、検便済、ワクチン接種済です。

   病院の先生より とても良い子ですとお墨付きを頂きました。

   心優しいご家族を探しています。」

始めは人慣れしていない仔猫にミルクから大事に育てて 甘えん坊の猫になりました。

この子達を大切に育てて下さるご家族を探しています。



全国の殺処分数を見ますと 犬に関しては毎年数が減っていますが猫に関しては減りません。

捕獲対象にならない猫は「家の軒先に仔猫を産んだから」「餌を挙げていた猫が子供を産んだから」

等の理由で持ち込まれ処分になるのです。

東京都から茨城に越された方が 回りに野良猫が沢山いて 飢えてニャーニャー泣いているので

餌を与え保護出来る猫に不妊手術を施していますが どうしても捕まらない大元の母猫を何とか

捕まえないと次々に産まれてはカラスに突かれたり 雄猫に殺されたり 可哀想で仕方がないと

相談を頂きました。

捕獲器を貸し出して時間が掛かっても何とか捕まえられるように協力いたしました。

その方は役場やセンターや県に電話で相談しても解決されるような答えが返って来なかっと言われ

ました。

手術を受け入れて貰える獣医も少なくて ご苦労されています。

一人でも不妊手術に対する知識をもった方が増えて欲しいです。
by a-s-kizuna | 2010-08-29 21:33

首輪の痕

19日に引き出した犬の首の状態は 子犬の時に首輪を着けたまま放置されたのか 子犬の時に

捨てられて放浪していたのか どのような経緯かわかりませんが 首周りの皮膚が切れて化膿して

いました。

収容された時には首輪は外されていました 

多分飼い主が首輪を外してこの犬を捨てたのでしょう。

皮膚だけでなく気管にまで致命傷を与えてしまうので どれだけ苦しい思いをしてきた事でしょう

とても人懐こく優しい犬で室内でも問題ない子に どうしてこの様な仕打ちができるのでしょうか?

病院で手当を受ける間も大人しく我慢していました、パルボチエックの結果、疑陽性とでてしまい

ましたので又点滴の為通院となりましたが 今日も元気にフードも食べていますから持ち応えてくれ

るでしょう。
d0106951_23551825.jpg





この所引き出した犬の治療費が嵩んでしまいやり繰りが大変です。

暫くはフリマに参加して少しでも蓄えていかないとなりません。

体制を整えてから又助けて行きたいと考えています。


 
by a-s-kizuna | 2010-08-22 23:56

今日もセンタへ

今日は前回に譲渡希望していた犬の引取りに行きました。

1頭の犬は伝染病で亡くなったと連絡頂いていました、見た時はとても元気にしていたのですが

残念です。

今日引き出した犬の1頭は 丁度首輪が食い込んで居るようで皮膚が切れています、落ち着いたら

病院で見てもらいますが どうしてこの様な状態になったのでしょうか。

苦痛も見せずに尻尾振り側に寄って来ます。
d0106951_170365.jpg



後1頭は先日の24頭の放棄犬の最後の子です。

どちらも引取りが無い場合はこちらで引取るので処分しないで欲しいと御願いしていました。

今日電話で確認したら 未だ居ますとの事で引取ってきました。
d0106951_16424185.jpg


2頭とも時間がかかるかも知れませんが 優しい御家族にご縁があるまで大切に育てます。


前回の3等の犬達はこれから家族探しになります。

パグの「福の助」は保護して直に伝染病発症しました、預り様は片道2時間をかけて毎日病院へ

通ってくださいました。

お陰様で回復いたしました 先生と預かり様のご努力のお陰です。

マルチーズとシーズーのMIXの「ナメコ」はとても大人しく良い子です。

ダックスの「のりへい」も優しい子です。


助けられない命の重さを感じて せめてこの子達に幸せな生活をさせてあげたいと思います。
by a-s-kizuna | 2010-08-19 16:55

昨日は事前に譲渡の希望を出し ワクチン接種して頂いている2頭の小型犬の引取りにセンターへ

いきました。

また飼い主が放棄した24頭の小型犬の様子も見られたらと思い、スタッフと預かり様も同行して

もらいました。

既に他団体様達が何頭も引き出されていましたので1頭のシーズーの雌を希望しました。

新しく立ち上げた愛護団体様も来ていらして 収容されている命に目を向けての活動に嬉しい思いを

持ちました。

犬の殺処分数が減っているのは こうしてボランティアの方々が多大な苦労をして引き出している事

も一つにはあると思いますが 草の根的な活動で地域を良くしていく事も大切な活動だと思います。



d0106951_22134122.jpg


パグの雄犬



d0106951_2216298.jpg



ダックスの雄犬


d0106951_22204862.jpg


シーズの雌犬

健康チェックして 家族探しをいたします。

又センターには雑種の犬達も沢山居ます、今回2匹の雑種の子の譲渡希望もしてきました。

1頭は 首輪が食い込んで首が切れて膿んでいました、そんな身体でも多分子犬産んだ事が有る

様です、檻の前に出てきて尻尾を振ってくれました。

2頭とも迎えに来るまで元気で過ごして欲しいと願います。
by a-s-kizuna | 2010-08-12 22:17

怪我をした仔猫

d0106951_513993.jpg


未だ 2ヶ月にもなっていない黒猫の男の子。

怪我をしていたので お世話になっている動物病院で処置をされています。

もう少ししたら ボランティアの方が預かり家族探しをされます。

仔猫を家族にしたいとお考えの方はいらっしゃいませんか?
by a-s-kizuna | 2010-08-07 05:19

雷や花火で逃げ出す犬

夕方雷雨があると怖くて逃げ出す犬が居るのでは無いかと とても心配になります。

花火の音も同じです、外で繋いで飼っているお宅は充分気をつけて欲しいです。

この何日かのセンターで捕獲された犬達の画像を見て随分身体が濡れている状態から 雷雨で逃げだ

した犬もいると思います。

首輪に鑑札や迷子札がついていれば 助かるのですが。

地球生物会議(アライブ)の取り組みで「迷子の犬を家に帰そう」と言うプロジェクトが始動

しています、きずなも譲渡が決まりましたお宅へのプレゼントにこの迷子札をお渡ししています。

茨城県でも牛久市はこの迷子札を市で購入して 役立ててくださったとお聞きしました。

それには地元で動物達の問題を地道にされてきているボランティアの方の力があればこそですが

どうぞ飼い主様 首輪に連絡先が書かれた迷子札をつけて頂きたいです。

雷などで逃げ出したけど そのうち帰ってくるだろうと思わずに 直に警察、役場、指導センター

に連絡を入れてください。
by a-s-kizuna | 2010-08-01 22:38

殺処分される命を少しでも減らしたい、助けたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31